お役立ち 時事ニュース

遅延証明書のネット発行Jr西日本は出来ない?出来るところと出来ないところまとめ

投稿日:

電車が遅れるともらえる「遅延証明書」これがあると、電車が遅れたと証明される場合が多いですね。最近では、遅延証明書ネットで発行されていることがあります。ネットで発行されれば、遅延証明書をもらうというわずらわしさもなくなりますね。jr東日本はネットで発行されていますが、jr西日本は発行されているのでしょうか?

遅延証明書もらうために、時間かかると余計に遅くなっちゃうよね
Sponsored Links


遅延証明書のネット発行は便利!Jr東日本でのやり方

遅延証明書のネット発行を利用できると便利です。ネットでの取得の仕方紹介します。遅延証明書は、jr東日本のホームページに掲載されています。

『遅延証明書』を選択すると、当日の発行できる時間帯の証明書は選択できますので、選択し、印刷します。過去45日分が掲載されてますので、過去の分も発行することができます。
「ドコトレ」遅延証明書発行サービスにて発行されています。路線・区間を選び、時間帯を選びます。そうすると出てきますので、印刷します。

遅延証明書ネット発行はJr西日本は出来ない?

JR西日本も遅延証明書ネット発行しています。遅延証明書は、対象時間帯を経過した後、順次掲載されます。過去45日間の履歴も掲載されます。

7時~9時の遅延証明書は、9時以降順次掲載されます。
9時~10時の遅延証明書は、10時以降に順次掲載されます。

その他の路線についても発行できます。

京王線
当日を含む8日間の情報を、京王線・井の頭線別の上下線別に「始発~10時」「10時~17時」「17時~24時」の時間帯別で表示します。

東横線
東横線の証明書掲出機関は、発生日を含め1か月間です。
当証明書は、始発から10時と10時から24時頃までの時間帯別に発行し、運行状況により、随時遅延時分が更新されます。

小田急
遅延証明書掲載期間は、当日から7日間掲載されます。
遅延証明書は、上下線別に初電から10時、10時から17時、17時から0時までの時間帯別に発行されます。

京成
遅延証明書は、当日を含む35日間分の情報を掲出されます。
遅延証明書は、始発列車から24時頃までに運行している列車の遅延時間を証明するものになります。

名鉄
遅延証明書のネット発行は対応していませんでした。


5分以上遅れた場合に発行されてるみたいだね

遅延証明書のネット発行のネットの反応

駅の改札で遅延証明書をもらうために並んだり、駅員さんにもらうための手続きを聞いている皆さん!過去45日ぶんまでさかのぼって取得できます。 並ばず怒鳴らず、家か会社でゆっくり取得しましょう。
駅の改札で遅延証明書をもらうために並んだり、駅員さんにもらうための手続きを聞いている皆さん!過去45日ぶんまでさかのぼって取得できます。 並ばず怒鳴らず、家か会社でゆっくり取得しましょう。
会社によってはネットで出す遅延証明書に疑いかける所もあるね。
遅延証明書ネットで取れるの知らない人多いよな。
遅延証明書、実は各鉄道会社はネットプリント対応してて、対応してないのはそれが必須だと言ってる企業側なのよね…
出典:twitter

まとめ

遅延証明書のネット発行 、jr西日本でも発行されていました。各社ほぼネットでも発行されていますね。しかし、会社によっては、ネット発行では認めてもらえない場合もありますし、ネットで発行されている遅延証明書にも、「個々の列車の遅延を証明するものではありません」との記載があるものもあります。事前に会社の方に確認が必要ですね。それでも、もらい忘れよりはいいですね。

遅延証明書、定期券と連動してくれると便利な気がするけどね
■ 関連記事

DAZNの解約はいつまでにするのがベストか確認する方法!一時停止のメリットデメリットは?

通せんぼ走行とは?通報はどうすればいい?

オーバーヒートの対処方法!車の場合どうすればいいのか

-お役立ち, 時事ニュース

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.