フィギュアスケート

紀平梨花衣装デザイナー伊藤聡美の作品画像が凄い!

更新日:

冬まっただ中の今、フィギュアスケートなどウィンタースポーツが真っ盛り。フィギュアといえば、選手の美しい凝った衣装に目が奪われます。これを手がける日本の第一人者がデザイナーの伊藤聡美さんです。

伊藤聡美さんは、3月の世界選手権で活躍が期待される紀平梨花選手の衣装も製作した「紀平梨花衣装デザイナー」としても知られます。伊藤さんのプロフィールを、作品画像とともにご紹介します。

伊藤さん出演の「セブンルール」、関テレサイトで無料見逃し配信中!

紀平梨花衣装デザイナーは誰?

プログラムを構成する音楽や振り付けの世界観を表し、演技の重要な一部分でもあるフィギュアの衣装。選手個々に異なり特徴があって、見ていてもとても魅力的です。

現在、日本人トップ選手の多くの衣装を手がけているのが、デザイナーの伊藤聡美さん。武器の「トリプルアクセル」でGPファイナルを初制覇した「紀平梨花衣装デザイナー」でもあります。

伊藤聡美さんは1988年、千葉県で日本人の父とタイ人の母の間に生まれました。服飾の仕事をしていた母の影響でファッションに興味を抱き、高校卒業後服飾専門学校へ。ファッションコンテストで特賞を取るなど腕を磨き、英国の芸術大学へ留学します。

帰国後の22歳のとき、バレエやダンス用品などを手がける大手衣装会社に就職し、学生時代から「浅田真央さんに惹かれて好きだった」というフィギュアの衣装製作に携わります。

しかし「自分が作っている」という気持ちが芽生えず、26歳で独立。そこからは、自作のデザイン画をスケートリンクに持ち込んで自ら売り込み、地道に顧客を増やしていったそうです。

現在は紀平選手のほか、男子では羽生、宇野選手、女子では本田真凜、樋口選手ら多くのトップ選手の衣装を担当しています。

伊藤聡美の作品の画像

トップ選手のフィギュアの衣装は一から手作り。選手側のオーダーに応じ伊藤聡美さんが数種類のデザイン画を書き、そこから選んでもらうそうです。

フィギュアの衣装は特にキラキラしたビーズなどが印象的ですが、これらの石は1着3000~5000個以上もあり、一つ一つ手作業で取り付けます。こうした装飾とデザインはほぼ伊藤さんが一人で行い、1着3~7日、1日13~15時間くらいかけて作業するそうです。

プログラムが決まる4月頃から注文が入り始め、夏は複数の衣裳を同時進行で進めるため、納期は3か月以上かかるという「職人の世界」です。

気になる価格は、伊藤聡美さんの公式サイトによると「20万円前後から」とのことですが、トップ選手はこだわりも多く、数十~100万円に達する場合もあるとか。伊藤さんはこれまで一年に50着も製作したといいます。

こんなフィギュア衣装のスペシャリスト、「紀平梨花衣装デザイナー」の伊藤聡美さんは、ご自身のインスタグラムで過去の多くの選手の作品画像を公開されています。その一部をご紹介しましょう。

↓伊藤さん作品を着た紀平梨花選手

↓その他の紀平選手衣装

↓羽生結弦選手の衣装

↓本田真凜選手の衣装
https://www.instagram.com/p/BsJze90hYZv/

↓宇野昌磨選手の衣装
https://www.instagram.com/p/BjCmsZoDe59/

↓宇野選手の衣装デザイン画
https://www.instagram.com/p/BdNGITJn9n8/

伊藤聡美に関するネットの反応

羽生さんの今季フリー衣装667g、女子のフィギュア衣装350g これは立ち入ったことのない世界だ…
300g!!軽っ!!
伊藤聡美さんめっちゃカッコいいわ またスケート関係で好きな人ができた
NHKカルチャーの伊藤聡美さんの講座 各地あるみたいですよ
伊藤聡美さんの衣装コラム2ページ、衣装の作り方とか読み応えあります
1着20万って何その安さ⁈ デザインだけでその価格取れる。採寸やフィッティングで何度も足を運んだり素材選んだり、加えて材料費と手間賃。どう考えても安過ぎる
フィギュアの衣装はフルオーダーメイドの一点物。オートクチュールだからね
伊藤聡美さんの昌磨さんトゥーランドット衣装秘話が好き
伊藤さん「人間嫌い、友達いない」。そんな人って意外と人が集まってくると思うんだけど、どうなんだろう?
フィギュアスケートをしてる人って個性的だと思っていたら、衣装を作っている人も超個性的だった

出典:twitter

まとめ

フィギュアの衣装はルール上の規定もあり、例えば男子はズボン必須、ビーズなどがリンクに落ちると減点になるため、どんなに激しく動いても絶対に外れないことが条件。また軽い方が望ましく男子は850g、女子は350g以内に収めるなど、さまざまな制約の中で演技の世界観を最大限に表現していくそうです。

高度な技術とスピード、極限の体力・精神力、練り込まれた音楽と繊細な振り付け、そして煌びやかな衣装。まさにフィギュアが「総合芸術スポーツ」と呼ばれる所以といえそうです。

なるほどしかし、お金はかかる競技なんだね…

■関連記事

-フィギュアスケート

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.