格闘技

ルンキット(ムエタイ出身)の強さ・成績は?那須川天心との実力差はいかに

更新日:

キックボクシングの世界トーナメント「RISE WORLD SERIES 2019」準決勝が、21日に大阪市で行われます。

準決勝2試合の組み合わせは、メインイベントが「那須川天心vsスアキム(タイ)」戦、そしてセミファイナルが「志朗vsルンキット(タイ)」戦です。

決勝に勝ち上がるのは誰か。ファンの間では優勝候補筆頭で「最強の神童」那須川選手と、若きムエタイ王者・ルンキット選手の顔合わせを予想する声もあります。

ルンキット選手の強さは?その成績やこれまでの試合ぶりなどをまとめました。

ルンキット選手の愛称は「灼熱の国のアイスマン」!…んー意味がちょっと……

ルンキット(ムエタイ出身)の強さ・成績は?

タイ・ラノーン県生まれのサウスポー、ルンキット・ウォーサンプラパイ選手はまだ17歳、現役高校生という若さ。しかし格闘技の成績はかなり凄く、ムエタイ中心にこれまで77戦60勝16敗1分の戦績を残しています。

この若さで、タイトルもムエタイでは権威ある「ラジャダムナンスタジアム・スーパーフェザー級王者」を獲得する強さです。

ルンキット選手は7歳からムエタイを始め、早くも10歳ごろからムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアムに出場。最も強さを見せた試合は、昨年10月のロッタン選手とのタイトル戦でしょう。

ロッタン選手といえば、那須川天心選手を延長戦までもつれるほど苦しめた〝天心の宿敵〟。その「重戦車」ロッタン選手の強打を、ミドルキックとヒザ蹴りで封じて判定勝ち。わずか16歳で王座に就きました。

3月のトーナメント1回戦では、かつて那須川選手と対戦して善戦したコルデイロ選手(ポルトガル)を、3R判定勝ちで下しました。

タイでムエタイ選手としても活躍している準決勝の相手・志朗選手のことはよく知っているそうで「まあ負けないと思います」と自身満々。「決勝では天心と戦いたい」と早くも先を見据えているようです。

ルンキットvs那須川天心の予想

もし実現すれば、「17歳対20歳」というフレッシュな王者同士の決戦となる「ルンキットvs那須川天心」のRISE決勝戦。

ルンキット選手はムエタイ仕込みの強さや成績も十分なものの、やや「判定試合」が多いのが気になります。準決勝の相手・志朗選手も「試合がつまらない」と指摘。タイでは賭けムエタイが盛んですが、顧客からも「攻める姿勢が足りない」と人気が低いそうです。

3月の初戦でも、パンチが少ないなどRISEルールにあまり対応できていない印象も。ただ、以前試合をした日本選手によれば「距離を取るのが非常にうまい」ともいいます。

那須川選手について、ルンキット選手は「彼はパンチが強いグッドファイター。カウンターの使い方も上手い」と高く評価。

那須川選手はパンチ、キックの強打も技術のうまさも両方持ち合わせているだけに、ファンの間では仮に二人が対戦すれば「いきなりの打ち合いになるか、距離を探り合う技術戦になるか」の二択になる、との見方もあります。

ルンキット選手が勇気を持って前に出てくれば、まさに「瞬き禁止」の壮絶な打撃戦も予想されそうです。

ルンキットに関するネットの反応

決勝まで進んだルンキット選手が体重落とせなくて失格って危険な考えがよぎりました…
天心はスアキムに勝てば優勝みたいなもんか。ルンキットvs志朗がどうなるかだけど
スアキムとルンキットの戦いが楽しみ!
ルンキットはロッタンにもスアキムにも勝ってるからなぁ。相性もあるけど強いやろ
神童対ルンキット見たいなーと思ったけど神童対志朗も見たいわなー

出典:twitter

まとめ

那須川選手が準決勝で戦うムエタイの英雄・スアキム選手とは、ルンキット選手は最近2度対戦しています。

昨年12月には途中までルンキット選手が優勢に試合を進めながらも、スアキム選手も粘り、5R判定でスアキム選手が勝利。今年2月には逆にルンキット選手が5R判定勝利しリベンジしています。

那須川選手としては、難敵スアキム選手をどう攻略するかが、ルンキット戦にも鍵となりそう。ただ志朗選手も「この4か月サウスポー対策しかしていない」と勝ちを確信している様子。準決勝は意地がぶつかり合う好カードとなるのは間違いなさそうです。

志朗選手は〝夢の日本人決勝〟を強く希望。AbemaTVの中継が見逃せないね!

那須川天心と武尊は仲が良い?悪い?最新ツイッターと対戦の可能性

-格闘技

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.