ボクシング

村田諒太vsゴロフキンあるなら予想は?ファイトマネーは億超えるか?

更新日:

日本が誇る中重量級のトップボクサー・村田諒太選手が、WBA世界ミドル級王座に見事返り咲きました!

前回は苦杯をなめたブラント選手を強打で圧倒し、わずか2RでTKO勝ち。重圧に打ち勝った村田選手の精神力の強さに、日本中が感動に沸きました。

で、気が早いものの、ファンの関心は「王者村田諒太」の次の相手。〝レジェンド〟ゴロフキン選手(カザフスタン)との対戦はあり得るのか?その場合ファイトマネー額の予想はどうなのかなどをまとめました。

試合後村田、井上両選手と横に並んだ香川照之さんが「この両巨頭が今隣に!頭真っ白です!」と興奮してて羨ましかった…

村田諒太vsゴロフキンは実現する?予想は?

会心の勝利から一夜明け、メディアに対応した村田諒太選手は「17戦のプロキャリアの中で一番いいパフォーマンス。気持ちも入っていたし、自分に合格点をあげてもいい」と、9か月前の敗戦からは打って変わって満足そうでした。

試合直後は「聞かんといて」とかわした次戦についても、気持ちが固まったのか「モチべーションを高く保てる試合が必要だと思う」とキッパリ。つまり相当な〝世界的大物〟と戦いたいという意思表示です。

ボクシングでは「王者の称号」はマッチングの上で極めて重要。〝大物〟〝強者〟と戦える切り札になり得るからです。

特に現在のボクシング界で、最も「高価値・高人気・高ファイトマネー」ともなるカネロ・アルバレス、ゴロフキン、パッキャオ選手といった超実力者とは、世界中の全ての選手が対戦を熱望します。

欧米で人気があるミドル級タイトルを奪還したことで、村田諒太選手の株も急上昇。契約する米大手プロモーター・ボブ・アラム氏もビッグマッチに前向きとされ、関係者の間では特に現在無冠のゴロフキン選手の動向が注目されています。

昨年9月にカネロ選手との大一番に敗れ王座陥落した〝GGG〟ゴロフキン選手は、先月ロールス選手を4RKOで下して再起。試合後はカネロ選手との再々戦を要望しましたが、カネロサイドは気乗り薄ともいわれます。

GGG側としては、カネロ側の食指を刺激するためにも王者のタイトルが欲しいところ。今年末あたりに村田選手に挑戦し王座奪還を目論むことは、可能性としては十分考えられます。

全盛期には「世界最強」の圧巻の強さを誇ったGGGも既に37歳。ピークは明らかに越えており、やはり33歳とはいえ勢いに乗る今の村田諒太選手なら、接戦の好試合が期待できるとの予想もファンには多いようです。

村田諒太vsゴロフキンならファイトマネーは?

日本のボクシングファンにとっては、まさに夢の実現ともいえる「村田諒太vsゴロフキン」戦。

五輪で活躍しプロでも長らく世界の頂点に君臨した「スーパースター」ゴロフキン選手だけに、実現すればファイトマネーも破格のものになると予想されます。

ちなみに、17年9月の「ゴロフキンvsカネロ1」では、コミッションから最低保証ファイトマネーが開示されました。

それによるとゴロフキン選手が300万ドル(約3億3千万円)、カネロ選手は500万ドル(約5億6千万円)。これが最低保証額で、さらに広告料やPPVの歩合収益等の興行収入を加え、合計でゴロフキン選手は2000万ドル(約22億円)、カネロ選手は4200万ドル(約47億円)を得たとされます。

カネロ選手は本場米国でも非常に人気が高いため、PPVも毎試合100万件超。アジア人同士となるゴロフキンvs村田戦の場合、実現してもさすがにそこまでは至らないかもしれませんが、それでもゴロフキン側のファイトマネーが「億円単位」になるのは間違いないと思われます。

https://twitter.com/GGGBoxing/status/1141085407888728064

https://twitter.com/DAZN_USA/status/1137559512498561024

村田諒太vsゴロフキンのネットの反応・予想

村田、ゴロフキンが王座取りに動けば対戦ある…ミドル級王座奪還で担当記者
村田諒太はゴロフキンとやって防衛。価値を高めてカネロと統一戦。引退。この流れが最高だな
ゴロフキンに通用するか、今回の勇気があれば見てみたい❗
カネロやGGGは金の面で無理かなと思う。そこで英のサンダース!不人気王者だし、日本で試合すれば旨味も大きい。最有力じゃね?
引退目前のゴロフキン戦なら可能性はあるかも…日本にも呼べるのでは?

出典:twitter

まとめ

まさに「人生を賭けた一戦」で、1Rから果敢に打ち合いを挑んだ村田諒太選手。被弾しても下がらず攻め続けたファイトは「これぞボクシング!」と非常に感動的でした。

トータルわずか5分ちょっとの試合時間にもかかわらず、一晩たっても村田選手の顔が赤い傷だらけなのが、闘いの凄まじさを示すようでした。

プロ転向直後、ゴロフキン選手と一緒に練習する機会があり、その紳士ぶりや強さに惚れ込んだ村田選手。以来、ゴロフキン戦を目標に戦いを続けてきた経緯もあります。

実現はゴロフキン選手次第となりますが、日本人としては是非、この夢の一戦を見たいものです。

GGGはDAZNと3年契約中。「大晦日米国一大決戦」なんてなれば超盛り上がるね!

村田諒太のファイトマネーがいくらか予想!井上尚弥より稼ぐ?

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.