ボクシング

井上尚弥vsロドリゲスの結果詳細と海外の反応「アニメキャラか!」「パッキャオと同じ可能性ある!」

更新日:

ボクシングのバンタム級世界最強を決めるWBSS準決勝が日本時間19日早朝、英国で行われ、WBA王者井上尚弥選手が、IBF王者ロドリゲス選手(プエルトリコ)をわずか2R1分19秒のKOで下しました!

井上尚弥選手はWBA、IBFの同級2冠王者となり、次戦である決勝のドネア選手(フィリピン)との試合に進みました。再び衝撃、圧巻の強さを見せた井上選手。この試合の結果詳細と海外の反応をまとめました。 

やっぱり怪物はホンモノの怪物だった!!

井上尚弥vsロドリゲスの結果詳細

英国グラスゴーで日本時間朝5時すぎから始まった井上尚弥vsロドリゲス戦。わずか4分ちょっとの試合時間でしたが、結果詳細は次のようになりました。

【1R】
お互いが探るようにジャブの打ち合い。ロドリゲスは右ストレート、ジャブ、左フックと繰り出す。井上もジャブを上下に放ち、右ストレートが相手顔面にヒットする場面も。

ロドリゲスが前に出て井上をロープに詰める。井上の左ボディにもロドリゲスは下がらず、ジャブで遠ざけようとする井上。ロドリゲスがパンチを当てる場面が多く、やや押し気味に1Rを終える。

【2R】
井上は開始早々ジャブからの右ストレートを当てロドリゲスをのけぞらせる。続いて踏み込むと右ボディからの左フックでロドリゲスがダウン。ロドリゲスの顔には鼻血。

立ち上がったロドリゲスに井上は右ボディを打ち込み、ロドリゲスは苦悶の表情で2度目のダウンロドリゲスはダメだと首を振る。立ち上がったロドリゲスに井上が連打から左ボディを炸裂。ロドリゲスから3度目のダウンを奪いレフェリーがテンカウントで試合終了。

まさに衝撃の強さを世界に示した井上尚弥選手。海外の反応もあらためて驚きを隠せないようです。

井上尚弥vsロドリゲスの海外の反応

ナオヤイノウエはマニーパッキャオと同じくらい大きな可能性がある!
キング・オブ・キング!バンタム級ではこれ以上強者はいない
アメリカのボクシングファンは、この日本人が最高の一人であることを知らない
ナオヤはまったく別格だね
彼は正直なところアニメキャラクターのようだ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=TxDT9P2w2iQ

まとめ

やっぱり井上尚弥選手は「井上尚弥」でした。「1回はどうなるかと思った」と自身もやや堅さがあったようですが、実はロドリゲス選手にはじわじわパンチが効いていたようです。

まさに目の覚めるKO勝ちで、この3試合で井上選手はわずか4ラウンドしか試合していません。これで井上選手は日本人2人目となるプロボクシング主要4団体制覇を達成し、世界で最も権威ある専門誌、米リング誌認定のバンタム級ベルトも獲得。

井上は世界戦12試合目のKO勝利で、8試合連続KO勝利と合わせて自らが持つ国内歴代1位も更新しました。記録づくめの井上選手。ドネア戦が早く見たいですね。

令和の日本人世界王者第一号だね!!

■関連記事

井上尚弥WBSSファイトマネーは日本史上最高額になる?ならない?

ノニトドネアの戦績一覧とピーク時と衰えた始めた試合

ドネアは衰えたと本当に言えるのか?井上戦前に検証してみた

ドネアvs井上尚弥なら予想は?東京で決勝の可能性は?

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.