時事ニュース 皇室関連

御料車の車内はどうなってる?センチュリーロイヤルの値段はなぜ大統領車の数倍もするの?

更新日:

御料車は天皇陛下および皇族の方々が乗車するための車です。
平成18年から宮内庁に導入されているトヨタセンチュリーロイヤルですが、値段はとても高いみたいです。内装等はどうなっているのでしょうか。御料車であるセンチュリーロイヤルはなぜ値段が高いのか調べてみました。

天皇陛下が乗られるのだから値段もスペシャルなのかな?

御料車の車内はどうなってる?

御料車の車内はどうなっているのでしょうか?
内装には、天井に和紙、後部座席に毛織物、乗降ステップに御影石が用いられ、その他に天然木などの自然素材が使われているそうです。

また、前席シートは革張り・後部座席のシートは布とされているそうです。

車の天井に和紙なんて、想像がつかないね

センチュリーロイヤルの値段はなぜこんなに高い?

センチュリーロイヤルの値段はなぜこんなに高いのでしょうか。
特別に高級なセダンといわれるセンチュリーロイヤルです。
開発コンセプトは初代から続く「匠の技」「高品質のモノ作り」「最先端技術」の融合です。

VIPが優雅に乗り降りできることが狙いで、和服でも乗り降りがしやすい高さや、後席に座るVIPの姿が1枚の絵として見えるように「額縁」の役目を果たすアルミ製の窓枠などセンチュリーならではの「おもてなし」も数多く用意されているのです。

ほとんどのメーカーは、採算が取れないため撤退しています。
このような特別でオーダーメイドに近い状況が高い値段につながっているのではないでしょうか。

スペシャルがてんこもりだと高いのも分かるね

御料車に関するネットの反応

剣璽を伴われる場合、御料車にどうやって載せているのだろう、座席に置くわけにも…と思ってたんですが、今朝のニュース映像をつぶさに見ていたら「御料車の後部座席には剣璽がピッタリはまるスペースがあり、ケースから取り出してそこに奉安する」という事がわかりました…
センチュリーロイヤル御料車をはじめて真近で見せていただいた。(天皇皇后両陛下にお目にかかるのは2回目)冷たい雨降りだったけれども室内灯とサイドマーカーのアンバー色に暖かさを感じました。
皇室専用御料車。8人乗りリムジン。内装は和紙や御影石を使用。乗降や案内を考え観音開きとなり、お姿を明瞭に見やすいよう窓を拡大、お手を振る際も当たらないようドア内張りに工夫が有るんだよ。
日本の天皇陛下の御料車が凄すぎる!センチュリーロイヤルの桁外れな性能に驚愕!日本を代表する最高級車が素晴らしい
天皇陛下が御料車から屈まずに降りてきたから違和感があったんだけど、センチュリーロイヤルって車高がミニバン並みにあるんだね。全長が長いせいかそんなにあるようには見えなかった。
出典:https://bit.ly/2Dw8TMh

まとめ

御料車であるセンチュリーロイヤルの値段がなぜ高いのか調べてみました。車内も高品質につくられており、特別仕様となっていることもあり値段が高くなっているみたいです。安全に移動できることができ、「額縁」のように外から見ている人に見えるようにしているなどこの値段になるのも納得ですね。

おもてなしがたくさんある御料車の値段はたかくても仕方ないね
■ 関連記事

-時事ニュース, 皇室関連

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.