ボクシング

井岡一翔のタトゥーの意味と隠す理由!ペイントが取れないか心配

投稿日:

ボクシングにて日本人初の4階級制覇がかかる井岡一翔選手ですが、タトゥーが話題になっています。
見るとかなり大きいのですが、本人は「意味があるもの」と主張していますが、
日本のリング(千葉幕張メッセ)での試合となるのでJBCは計量時には消すように指示。
恐らく試合も消して臨んでほしいようですが、その場合ファンデーションテープが試合の邪魔にならないか心配です。

試合中に絶対とれるでしょ?と思ったら、試合当日はボディーペイントでタトゥーを消す予定なんだ。それも汗でとれないかしら

井岡一翔のタトゥーの意味

井岡一翔はんぜタトゥーをしたのでしょうか?

本人は詳細を語りませんが「意味があるもの」とはっきりと公言しています。
思ったより大きかったタトゥーは左腕にされています。

ジャブする方の腕ですね。

この投稿をInstagramで見る

At Media workout. 公開練習! #井岡一翔 #boxing #workout #media

井岡一翔 kazuto Iokaさん(@kazuto_ioka_official)がシェアした投稿 -

腕の内側にはなにやら文字が書かれています。

腕の内側には以下のように書かれています。

Thought is the blossom,
language the bud,
action the fruit behind it.

これはアメリカの思想家・哲学者・詩人であるラルフ・ワルド・エマーソン(1803年~1882年)の言葉です。和訳するとこのようになります。

思考は花であり
言葉は芽であり、
行動はその後に実をつける

エマーソンは非常に多くの名言を残しており、私も好きな言葉がたくさんあります。

「どんな人でも生きているかぎり 存在の必要がある。」
「絶えずあなたを何者かに変えようとする世界の中で、
自分らしくあり続けること。それがもっとも素晴らしい偉業である。」

といった名言を残しています。

井岡選手は、一度引退した時にタトゥーをしたようですが、離婚騒動や父親との確執なども推測されました。
本人しか分からないこともあるでしょう。
タトゥーは何かしらの決心のもとやったのだと思いわれます。

JBCはタトゥーを禁止している

井岡選手がタトゥーを入れた時、ファンはそれを見て「もう日本のリングに立つつもりがないということの表明」と推測されました。
個人的にもマスコミとか嫌になって、日本を否定する意味もあったのではないかと思います。

外国人選手はロマチェンコを含め、タトゥーを入れまくっています。
文化の違いではありますが、日本ではどうしても893のイメージがあったり
昔、罪人に見せしめとして入れ墨を入れた経緯がありますので、
まだ悪いイメージが消えていません。

実際、タトゥーを入れる人は増えており、少しずつファッションとして認められつつあるところですが
なんとなく日本人は抵抗があり、JBCでも禁止しています。

だからこそ今回計量時から、井岡選手に警告していました。
4階級制覇でケチが付かぬようという、心配もあってのことでしょう。

難しいところだね。日本国憲法の自由の保障と違うって誰か訴えてた気がする

井岡のタトゥーに関するネットの反応

ロナウドは献血できなくなるから、といって入れないんだよ。そっちのがかっこいい
井岡にはタトゥーを入れてもらいたくなかった。KIDも見るに耐えなかった。
墨を入れた時点で今後決して日本では復帰しないと言う強い想いや意味があったのでは
以前からボクシングは暴力団とのつながりが問題視されている業界。だからJBCの規定があり、そこにはには深い意義がある。子供たちをはじめ4階級制覇したら多くの人のあこがれになる。現役に相応しい行動をとるべき
ボクシングとの決別で入れたんだろうけどね。JBC はよくぞ言った。反社会勢力を想像させる刺青は駄目だ。ボクシングのスポーツの威厳を保ってほしい

出典:twitter

まとめ

いかがでしょうか。
井岡選手、本人しか分からないような強い思いの元、タトゥーを引退時に入れました。
そして、今チャンスが巡ってきて、4階級制覇に手が届くところにいます。

相手は互角の選手で、どう転ぶか分かりません。

タトゥーについてはいろいろ言われそうですが
個人的にはやっぱり勝利して栄光を手にする井岡選手を見てみたいです。

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.