ボクシング

田中恒成のウラントロハツ戦のファイトマネーの予想!軽量級は低すぎ?

更新日:

ボクシングの重量級の世界チャンピオンになると、億単位のファイトマネーがよく話題になります。

一方日本においては、井上尚弥選手を例外として、億単位の話はほとんど聞かれません。

日本のトップクラスの選手の1人、2019年12月31日にウラントロハツとのタイトル防衛戦を行う、WBOフライ級チャンピオン田中恒成選手のファイトマネーはどのくらいなのでしょうか。

ボクサーのファイトマネーってそんなに高くないのかな?

田中恒成のウラントロハツ戦のファイトマネー予想


田中恒成選手が2018年9月にWBO世界フライ級タイトルマッチを行い、木村翔選手からベルトを奪取しています。

この時は田中恒成選手はチャレンジャーの扱いでしたから、勝利した場合でもファイトマネーは数百万円といわれています。

世界チャンピオンになった試合で数百万円です。 命がけのトレーニングをして、試合を戦って、わずかこれだけかと思った方もいるでしょう。

人気があって、集客力があれば比較的軽いクラスでも報酬は高くなります。

一般的に重いクラスの方が圧倒的に人気を集めやすいので結果、階級が重い程は高くなる傾向になるようです。

田中恒成選手の階級はフライ級ですから、軽い方から3番目の軽さのクラスです。

軽いクラスで集客力が弱いということもあり、安くなってしまうと考えてしまいます。

それでも防衛を続けていけば、ファイトマネーは高額化していきます。

初防衛で1000~2000万円といわれるフライ級ですから、今回のウラントロハツ戦に勝利して3度防衛を果たせば、5000万円をこえて来るのではないでしょうか。

ファイトマネーの金額は妥当か?

田中恒成選手のファイトマネーは、どのくらいなのか?や他の競技の場合とはどう違うのでしょうか。

元スーパーフライ級の世界チャンピオンの飯田覚士さんの場合、田中恒成選手のフライ級より1つ重いクラスですが、1試合で最高5000万円もらったことがあるようです。

飯田覚士さんが世界チャンピオン時には、K-1や総合格闘技などなく、景気も悪くはない状態でしたから、スーパーフライ級でも5000万円もの金額を手にできたのでしょう。

田中恒成選手の年齢は24歳ですから、そのあたりの他の競技の選手の年収はどのくらいあるのでしょう。

卓球 石川佳純(26歳)年収5000万円前後

バトミントン 桃田賢斗(25歳)年収2000万円前後

日本のトップ選手2名の年収ですが、この年収にはスポンサー契約金が含まれていますから、田中恒成選手と純粋な比較にはなりませんが、世界チャンピオンにならないと、ボクサーだけでは生活していくことは難しいみたいです。

それにファイトマネーのうち約1/3は所属ジムにわたる事になっているので、結構厳しい条件のようにも思えます。

1/3も所属ジムにお金渡しちゃうんですね~

田中恒成のファイトマネーに関するネットの反応

ファイトマネーさえ良ければどこでもやりますって痺れるね~男前です
田中恒成選手のファイトマネーが2000万?信じられない!もう少しもらってもいいのでは!?
ファイトマネーもだいじだが、やっぱり世界一という名誉の方が重い気がする。
田中恒成選手はバイトしないで生活してるのかな~
ボクサーのファイトマネーが意外と不透明な点が多いので、みなさん疑問に思っている方が多いようですね~

 

参考:https://bit.ly/2rhPRWD

まとめ

WBO世界フライ級チャンピオンの田中恒成選手のファイトマネーについて紹介してきました。

アメリカのヘビー級のファイトマネーを見ると日本円で140億円や90億円という数字が出てきたりします。

ボクシングのマーケットの大きさと、重量級の人気の大きさを実感してしまいます。

日本人は軽いクラスのボクサーが多く、マーケットもアメリカに比べて小さいですから、ある程度低いのはやむを得ないのかもしれません。

井上尚弥2020年の次戦対戦相手は誰だ?カシメロ急浮上?

-ボクシング
-, , ,

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.