ボクシング

京口紘人の戦績と強さ!P4P日本人3位の将来性は?

更新日:

ボクシングWBAライトフライ級スーパー王者・京口紘人選手の初防衛戦が、6月19日に千葉市の幕張メッセで行われます。

挑戦者は、ムエタイでも実績のある同級12位のサウスポー、タナワット・ナコーン選手(タイ)。まだ25歳と若く、今後も快進撃が期待される王者京口紘人選手のこれまでの戦績や、その将来性と強さをまとめました。

京口選手の試合、井岡選手の王座挑戦と同日世界戦だね!!
Sponsored Links


京口紘人の戦績

京口紘人選手は1993年大阪府出身。父が道場を主宰する空手家でもあり3歳で空手を始めますが、兄が大阪帝拳ジムでボクシングをやっていたことから、12歳のときに京口選手もボクシングの道に入ります。

京口紘人選手は地元高校から大商大に進学。ボクシング部に所属し国体優勝など活躍します。大学卒業とともにプロ転向したため、初戦は22歳という遅咲きスタートです。

しかしプロでの戦績は圧倒的。初戦をわずか2RKO勝ちしたのを皮切りに、6戦目まで全試合を3R以内でKO勝ちするという強さで進撃します。

そして17年7月、IBF世界ミニマム級王者のホセ・アルグメド選手と対戦し、12回3-0の判定勝ちを収め、デビューからわずか8戦目で世界王者に。

同王座を2度防衛した後、減量苦を理由として階級をライトフライ級に上げ、昨年末ブドラー選手に10RTKO勝ちして、12戦目で2階級制覇を成し遂げました。

プロ戦績は12戦全勝負けなし。うちKOが9試合という高いKO率も誇ります。

Sponsored Links


京口紘人の強さとは?P4P日本人3位

プロでの圧倒的戦績や試合内容から、京口紘人選手は、体重差がないと仮定して全階級のボクサーの強さを同列に比べた「パウンド・フォー・パウンド」(P4P)にもランクインする数少ない日本選手でもあります。

「階級や団体を超えた最強のボクサー」を選ぶP4Pは、いくつかの世界のボクシングメディアが発表。その中で最も権威があるとされる米メディア「ザ・リング」のP4Pでは、現在第4位に井上尚弥選手が日本人で唯一ランクインしています。

「ワールドボクシングニュース」認定のP4Pでは、井上選手は3位で日本人最上位。次いでやはり負けなしの2階級王者・田中恒成選手が13位、そして京口選手は45位で「日本人3位」に付けています。

京口紘人選手の強さは、戦績にも表れている通り、軽量級離れした強烈な打撃力が特徴。アマで鍛えられた丁寧で高い技術力も持ち味で、利き手ではない左の使い方も巧みだといわれます。

かつて軽量級で世界最強と言われたローマン・ゴンザレス選手を彷彿とさせることから「和製ロマゴン」の異名もあるそうです。

Sponsored Links


京口紘人のネットの評価

完全個人的軽量級日本人PFP 1.井上尚弥 2.田中恒成 3.井岡一翔 4.京口紘人 5.拳四郎 6.亀田和毅 7.井上拓真…
カニサレス「次はぜひ拳四朗と戦いたい」その前に京口と王座統一戦でしょう!
京口選手は現在数いる日本人世界王者の中でもかなり優秀なチャンピオン。まだまだ防衛回数を重ねてほしい
井上衝撃KOももちろん観たいけど、京口の左ボディーで相手が悶絶するのも楽しみ
紘人戦はセミファイルで20時位の模様。Paraviで生中継とか!

出典:twitter

まとめ

辰吉丈一郎さんに憧れ、高校時代には直々に指導も受けていたという京口選手。生粋の浪速っ子でもあり、その熱いスタイルには「浪速のジョー」の血を感じさせます。

難しいとされる海外世界戦で見事KO勝利し、今後は拳四朗選手や先日木村翔選手を退けたカニサレス選手ら、他の世界王者との統一戦が視野に。

そのためにも国内開催でもある次戦は、前回以上の内容で「しっかり打ち勝って力の差を見せる」(京口選手)ことが重要になりそうです。

京口選手、相次ぐ日本人世界戦敗退で「海外のリングで世界のトップと戦うってことがどれだけ凄いことか改めてわかった。次は俺」とツイート。頑張れ!

■関連記事

京口紘人vsナコーンのテレビ放送は?ネット生中継が決定したぞ!

井岡一翔vsパリクテのテレビ放送と時間は?予想まとめ

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.