甲子園 高校野球

奥川恭伸の出身中学・チームと球種は?凄さの秘密を調べてみた

更新日:

今年も高校野球・夏の甲子園大会の季節が到来しました。各地で地方予選の熱戦が繰り広げられていますが、注目されるのが「高校四天王」と呼ばれる4投手

4人の動向は予選でも試合のたびにニュースになっていますが、その一人が星稜(石川)のエース奥川恭伸投手です。

星稜悲願の初優勝を目指して、チームを牽引する奥川恭伸投手の出身中学やチームは?最高球速や球種などその凄さに迫りました。

MLB大谷選手、大船渡の佐々木君を「僕よりはるかに凄い。教えてほしい」と絶賛!

奥川恭伸の出身中学・チームは?

夏の甲子園2019でも世代でNo1といわれる「高校四天王」。大船渡(岩手)の佐々木朗希、横浜(神奈川)の及川雅貴、創志学園(岡山)の西純矢の3投手と並び称されるのが奥川恭伸投手です。

奥川投手は2001年、石川県かほく市生まれで、現在星稜高3年生。身長183cm、体重82kgのしっかりした体格、右投げ右打ちの本格派です。

かほく市立宇ノ気小学校を卒業、出身中学は地元の宇ノ気中学校です。小学校のとき「宇ノ気ブルーサンダー」というチームに所属し、野球を始めました。中学時代には軟式野球部に入り、全国中学校軟式野球大会で優勝を果たしています。

では奥川投手の球速や持っている球種はどうなのか、次に見てみましょう。

奥川恭伸の球種

出身中学は地元中で、小学時代から野球クラブにも属していた奥川恭伸投手。高校で大きく才能を伸ばし、さまざまな球種を獲得したようです。

奥川恭伸投手一番の強みは、長身から投げ下ろす150km/hを超えるストレート。これを軸に、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークと多彩な球種も交え、打者の目先を翻弄します。

昨年秋の北信越大会準決勝では、99km/hのスローカーブを投げるなど、緩急を使った投球術も見せる「頭脳派」でもあります。

奥川恭伸の凄さとは

奥川恭伸投手は、出身中学から地元の名門星稜高校に進み、いきなり1年春からベンチ入り。2年のときには春夏連続で甲子園に出場。U18日本代表に2年生で唯一選出される凄さを見せました。

今年春のセンバツ甲子園では、屈指の好投手としてプロの注目を集める中、初戦・履正社(大阪)戦では17三振を奪って3安打完封を果たし、実力の片鱗を発揮。

そして今夏の甲子園地方予選でもいきなり「奥川劇場」を披露しました。21日の3回戦・金沢大付戦で「5番・右翼」で先発しながら、9点リードの4回から今夏初のマウンドへ。

先頭から威力ある直球で、2イニング全ての打者に6者連続三振。球速は最高で158km/hが表示されるなど、自己最速を大幅に更新する圧巻の投球でした。

スライダーなどの変化球球種も切れ味が鋭く、視察したプロのスカウトは「モノが違う。コース、高さともに低く来ての150kmは、春先の力んでの150kmとはちょっと違う」と、体づくりなどが順調に成果を上げていることに満足そうでした。

奥川恭伸のネットの評価まとめ

また奪三振ショーを甲子園で見たい
令和の怪物は星稜にもおるってことなんだな!
奥川くん速すぎやしないか? 158て
BIG4と呼ばれる4人で奥川恭伸と佐々木朗希がずば抜けてスゴすぎる
今年のドラフトはピッチャーが面白いわ

出典:twitter

まとめ

春のセンバツでは悔しい2回戦敗退となった星稜。ここ数年甲子園の優勝候補筆頭に挙げられながら、いまだ春夏とも制覇経験がありません。

3年生の奥川投手も高校最後の夏。周囲の期待は高まりますが、当人は「先を見ずに一戦一戦。(僕たちは)本当に実力のある大阪桐蔭のようなチームではない」と浮かれることなく、足元を見つめています。

しかし本人の成長スピードは目覚ましい様子。星稜の次戦は24日の県大会準決勝、遊学館戦です。圧倒のピッチングと打棒を続けて、まずはチームを甲子園に導くことが奥川選手らの役割となります。

今もバッテリーを組む山瀬捕手は小4からずっと奥川君の「女房役」!これ以上ない信頼関係だろうねw

甲子園の出身中学2019まとめ!県内地元率が多い少ない格差についても

甲子園公立高校2019一覧と偏差値・優勝経験について調べてみた

甲子園2019の組み合わせトーナメント表と日程!【3日に更新予定】今年期待する3つのこと

DAZNの解約はいつまでにするのがベストか確認する方法!一時停止のメリットデメリットは?

-甲子園, 高校野球

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.