パウンドフォーパウンド最新

パウンドフォーパウンドランキング最新版2019/7!4誌の井上尚弥は何位か比較!

更新日:

パウンドフォーパウンドランキングが、yahoo!トップニュースにも来るようになりました。
もちろん井上尚弥選手がランク入りするようになったのが一番の要因ですね!

2019年7月3日ボクシングシーンというボクシング専門のサイトにてP4Pに井上選手が2位にランクインされ話題です。

しかし、今やパウンドフォーパウンドはいろいろなところが公開しており、信頼性が分からないところ。
そこで、大手4誌(4サイト)のランクをこのカテゴリでは更新していきますので
是非参考にして比較していたければと思います。

他の日本人のランクなども公開していきます!

7月の他のが更新されたら更新たのむよ!7月23日あたりだよねringとかは。

パウンドフォーパウンドランキング最新版2019/7前半

パウンドフォーパウンドランキング最新版の2019年7月4日までのものについてシェアします。
23にあたりにすべて揃ったらこのカテゴリでもう一度更新する予定であります。

パウンドフォーパウンド、通称P4Pは、ご存知「階級を超えたランキング」であります。

ボクシングはミニマム級からヘビー級まで危険を回避するため厳密な体重差で階級を分けてやっております。
もし階級を取っ払って同じ条件で皆を戦わせたら、いったいどんなランキングになるだろう?
と誰もが夢想してしまうような階級付けをやってみた、というのをTHE RING誌が恐らく最初に初めて
今いろんな大手サイトもやっているという感じです。

信頼性は、EPSONが高いような感じはしますがいかがでしょうか。

実際に、どっちが強いかは戦わないと分からないけど、こうやってああでもない、こうでもない、と想像するのが楽しんだよねー

WorldBoxingNewsだけ50位までですので、別で記載します。

4誌は、「THE RING」「EPSON」「WorldBoxingNews」「Boxinscene.com」となります。
それではどうぞ。

2019/07/4までTHE RING
(老舗・元祖)
2019/6/29
EPSON
(専門家投票制)
2019/6/13
WBN
(WorldBoxingNews)
2019/6/?
boxingscene

2019/7/3
1位ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
サウル・アルバレス(28)
メキシコ
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
2位テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
井上尚弥(26)
日本
3位サウル・アルバレス(28)
メキシコ
サウル・アルバレス(28)
メキシコ
井上尚弥(26)
日本
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
4位井上尚弥(26)
日本
井上尚弥(26)
日本
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
サウル・アルバレス(28)
メキシコ
5位オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
6位エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
7位ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
8位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
9位マイキー・ガルシア(31)
アメリカ
マイキー・ガルシア(31)
アメリカ
タイソン・ルーク・
フューリー(30)
イギリス
マイキー・ガルシア(31)
アメリカ
10位ドニー・ニエテス(37)
フィリピン
デオンテイ・ワイルダー(33)
アメリカ
マイキー・ガルシア(31)
アメリカ
シーサケット・ソー・
ルンヴィサイ(32)
タイ

出典:https://bit.ly/2XGd8jT
出典:https://es.pn/2XImf3v
出典:https://www.worldboxingnews.net/pound-4-pound-rankings/
出典:https://www.boxingscene.com/forums/view.php?pg=pound

あそこにパッキャオがいるのが気になる。でも、確かに最近戻した、という感覚の試合あったから妥当なのかしらん

こうやってランキング示されるといろいろツッコミたくなりますよね。

「いやいや、カネロは」「いやいや、ロマチェンコ3位は」「クロフォードはうまいけどパワーが」とかなんとか。

そうやって盛り上がるのが楽しいのでとにかくこれはエンタメとして最高であります。

また、WorldBoxingNewsだけ50位まで出していて他の日本人も入っていますので追記します。

WBNのP4P
11位以降
選手名
11位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
12位デオンテイ・ワイルダー(33)
アメリカ
41勝40KO 0敗1分
13位ドニー・ニエテス(37)
フィリピン
14位田中恒成(24)
日本
13勝7KO 0敗
15位ワンヘン・ミナヨーティン(33)
タイ
ミニマム級
52勝18KO 0敗
16位井岡一翔(30)
日本
24勝14KO 2敗
17位レオ・サンタ・クルス(30)
メキシコ
18位ノニト・ドネア(36)
フィリピン
19位ミゲール・ベルチェット(27)
メキシコ
20位ショーン・ポーター(31)
アメリカ
21位アンディ・ルイス・ジュニア(29)
メキシコ・アメリカ
22位セルゲイ・コバレフ(36)
ロシア
23位シーサケット・ソー・
ルンヴィサイ(32)
タイ
24位ゲーリー・ラッセル・ジュニア
(31)
アメリカ
25位ガーボンタ・デービス(24)
アメリカ
26位ダニエル・ジェイコブス(32)
アメリカ
27位ローマン・ゴンザレス(32)
ニカラグア
28位ギレルモ・リゴンドウ(38)
キューバ
29位オレクサンドル・グウォジク(32)
ウクライナ
30位カルム・スミス(29)
イギリス
31位ディミトリー・ビボル(28)
ロシア
32位ジュリアン・ウィリアムズ(29)
アメリカ
33位ジョシュ・ワリントン()
イギリス
34位ダニエル・ローマン(29)
アメリカ
35位デメトリアス・アンドラーデ(31)
アメリカ
36位アンソニー・ジョシュア(29)
イギリス
37位モルティ・ムザラネ(36)
南アフリカ
38位京口紘人(25)
日本
39位ジャーメル・チャーロ(29)
アメリカ
40位ギルベルト・ラミレス(28)
メキシコ
41位アブネル・マレス(33)
メキシコ
42位レイ・バルガス(28)
メキシコ
43位レジス・プログレイス(30)
アメリカ
44位ヘルウィン・アンカハス(27)
フィリピン
45位ビリー・ジョー・ソーンダース(29)
イギリス
46位ジャレット・ハード(28)
アメリカ
47位オスカー・バルガス(28)
メキシコ
48位 モーリス・フッカー(29)
アメリカ
49位拳四朗(27)
日本
50位エマニュエル・ナバレッテ(24)
メキシコ

それではネットでいい感じのツッコミを取り上げましたので見ていきましょう。

最新パウンドフォーパウンドに対する反応

井上尚弥は確かにすごいけど、ロマチェンコとクロフォードより上はないやろと思っとる
具志堅用高 辰吉丈一郎 をサラっと超えてた。凄すぎだな
日本人がカネロやロマチェンコより評価される日が来ようとは
2位はやりすぎ!
ボクシングシーンってどんな位置づけ?ロマを低く見過ぎじゃない?
クロフォード...クロフォードとロマチェンコ比べたら絶対ロマチェンコな気がするのに
1位ロマチェンコ、2位井上、3位クロフォードのがしっくりくるなぁ
出典:twitter

見たいカード

パウンドフォーパウンドの無意味さを言う人もいますが、やはりこれがあるとどんなカードが楽しみか分かりますよね。

実現しそうな絶対見たいカードはこれです。

スペンス・ジュニア vs クロフォード

また、しつこいですが、
アルバレス vs ゴロフキン

も3度目があるかもしれません。

そして、実現する楽しみな直近の試合は以下

キース・サーマン vs マニー・パッキャオ
詳しくは以下

キースサーマンの戦績と強さが3分でわかるまとめ!パッキャオとどちらが優位?

まとめ

いかがでしょうか。
パウンドフォーパウンドは、確かに「空想上」のランキングかもしれませんが
多くの識者が関わっていますので、あながち間違いではありません。

井上選手をはじめ、今後は田中恒成選手や京口選手も絡んでくるかもしれません。
そして、井上選手1位の時代も来るのかもしれません。

また新しく出ましたらこのカテゴリで更新しますので楽しみにしていてください。

一番若いからね!26歳は他におらんぞ。ほとんど30歳すぎたオッサンやで!

-パウンドフォーパウンド最新

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.