時事ニュース

孫正義のリップルはどうなった?ビットコイン巨額損失の裏で噂されていること

更新日:

ソフトバンクグループの孫正義社長が、ビットコインの取引で145億円以上の損失を出したと報じられました。
この裏でリップルでも損失があるのではと噂されています。本当なのか?調べてみました。

孫正義はリップルで損失した?

孫正義社長は2017年後半に当時価格が高騰していたビットコインを個人的に購入し、相場が急落した翌年の早い時期に売却しました。
1億3000万ドル、日本円で145億円以上の損失が出たということです。

ソフトバンクグループ傘下の米投資会社「フォートレス・インベストメント・グループ」の幹部の勧めで投資したとい言います。

2017年12月に一時200万円を超える高値をつけましたが、その後急落し、現在は62万円前後で取引されています。
「もっとも洗練され、裕福な投資家でも狂乱に巻き込まれることを示した」と評されています。

リップル(XRP)とは、ビットコイン以外の仮想通貨の中でも代表的なものに数えられているもので、ブロックチェーンを使うビットコインとは違った仕組みになっています。

一時ソフトバンクに在籍した北尾吉孝社長率いるSBIホールディングスが、仮想通貨事業でNo.1を目指しており、
「4大通貨のビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、それとリップルを主にしてやろうと思っています」と語っていることから、
孫正義社長もビットコインだけでなく、リップルにも投資しているのではとうわさされています。

リップルも、ビットコインと同様、2017年末に80円だったものが35円にまで暴落しています

出川哲朗が一人で二役出演のコインチェックのCMを見て仮想通貨に参入した人(2018年1月)のことを「出川組」と呼びますが、孫正義も出川組?と揶揄する声もネットで出ています。
少々時期はずれますがね。

2017年末にビットコインなど仮想通貨市場が大きく高騰しバブルとなり、「億り人(おくりびと)」と呼ばれる億単位の資産を持つ投資家も出現しました。

ところが、2018年1月26日の580億円のNEMが不正に流出したコインチェック事件をきっかけに、バブルがはじけ、2017年末に145万円だったのが、2018年末には45万円にまで、落ち込み、大損して、現在は塩漬け状態にある方も多いようです。

あの時はパニックだった!
大富豪でも乗っちゃうの?

孫正義のように、莫大な資産を持っていれば、それこそ、塩漬けなどせず、さっさと売って、他の投資に振り向けるだろうことが容易に想像できます。

もちろん投資額にもよりますが、売却すれば、リップルでも、コインチェックに近い額の損失を被った可能性があります。

孫正義の巨額損失への海外の反応

この有名なウーバーへの投資家が置いてきぼりにされる恐怖で、投資に参入し、パニックになって売ったって?
彼はまだ銭の袋を持っているなら、彼は本当に負けたわけではない。
彼はボコボコにされたわけではない。
彼には別に最悪なことではないだろう、彼は240億ドルの資産がある。ほとんどの人にとって100ドルを失うようなものです。
ああ、1億3000万ドルを損した?これは風の中でのおならしたような…………

出典:twitter

孫正義の巨額損失への日本の反応

孫氏の資産的には微々たる金額だし、
多くの機関投資家や個人投資家だって仮想通貨で大損してるはずだしな。
孫社長ほどの人でも大損するんだね~。
ブレーンすごい人たちばかりなのに。
孫正義さん、ビットコインで145億円以上の損失。出川組だった模様
まあ孫さんにとっては蚊に刺された程度でしょうが。
この人にとったら失敗したなぁってくらいだろうけど仮想通貨で人生終わった人って結構いるんだろうなと容易に想像できるね。

出典:ヤフコメ

まとめ

ビットコイン巨額損失の裏で噂されている孫正義社長のリップルでも!の噂についてまとめました。

可能性はありそうです。それにしても、大胆で冷静に見える孫正義でも、失敗はあるのですね。
すぐどこかで取り戻すのかもしれませんが。

取り戻せない庶民は重々気をつけましょう!

-時事ニュース

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.