DAZN MLB プロ野球

カータースチュワートとは?球種や実力となぜ日本に来たのか?

更新日:

開幕から2か月ほどが過ぎ、熱戦続くNPBとMLB。そんな中、日米野球界が驚くニュースが飛び込んできました。

昨年のMLBドラフト1巡目指名を受けた〝超エリート右腕〟カータースチュワート投手が、何とMLBを蹴ってNPBの福岡ソフトバンクホークスに入団を決めたというのです!!

今までは「日本の若い才能が米へ挑戦」という図式が常識でしたが、まさかの逆パターン。そのメジャードラ1大物新人「カータースチュワート」とは?なぜ日本を選んだのでしょうか?同投手の球種や実力も調べてみました。

MLB嫌いの張本さんに聞かせたい!どんな反応するかな?w

カータースチュワートとは?球種や成績

このニュース、米球界でも相当衝撃だったようです。最初に伝えたのが米スポーツメディア「ジ・アスレティック」名物記者のツイッター。さらに他の米紙なども次々と報じ、驚きを見せました。

これを受けて日本のメディア各社が「カータースチュワートとは?入団は間違いないのか」とソフトバンクに確認したところ、球団は否定せず、一斉に「ほぼ合意」と報じる形になりました。

カータースチュワート投手は米フロリダ州出身。地元高校を昨年卒業し、現在はイースタン・フロリダ州短大に在学中のまだ19歳

最速98マイル(約158km/h)の剛速球と140km/h前後の縦割れカーブの主に2球種を武器に、高校最後の年は61回を投げ6勝4敗、防御率0.91、128奪三振というかなりの好成績を挙げました。

MLBでも最注目投手の1人として、昨年のMLBドラフト会議で1巡目(全体8位)という超上位でアトランタ・ブレーブスから指名を受けました。

カータースチュワートはなぜ日本に来たのか?

カータースチュワートがなぜ日本を選んだのか、それはこの後の事件で分かります。

ところがその後の身体検査で手首に懸念が判明したとの理由で、約450万㌦(約4億9500万円)と予想されていた契約金が200万㌦程に減額提示されたといわれ、不服としたスチュワート投手側と契約に至らなかったそうです。

今年のMLBドラフトでももちろん上位指名候補でしたが、急転直下、日本プロ野球のソフトバンクと正式合意目前といわれるカータースチュワート投手。既に今月極秘来日し、福岡県の球団施設の見学などを行ったとの報道もあります。

カータースチュワートの実力はどこまで通用する?

日本のファンも「カータースチュワートとは?」「そんな凄い新人がなぜ日本に?」とざわつくこのニュース。

気になるのはカータースチュワート投手の球種や実力が、NPBでもどこまで通用するかです。この点、昨年のドラフト時に米メディアは、スチュワート投手の縦割れカーブが特に切れ味が鋭いと評しています。

例えば同じ「ドラ1」エリートでサイヤング賞も受賞したポーセロ、バーランダーといったメジャートップ投手のカーブと比べても、回転数が200回転以上多い3000回転超もあるとされます。

エリート新人とはいえ、MLBではNPBのように1年目から1軍マウンドに立つことはなく、数年間はマイナーで下積みするのが通例。

ソフトバンクはこれまでもスアレス、モイネロ投手ら無名の若手投手を海外で「発掘」し、一流に育成した実績があり、マイナーより充実したソフトバンクのファーム施設や育成システムの方が成長につながる、との判断がスチュワート投手側にあった可能性もあります。

もちろん、契約金も一説にはソフトバンクが700万㌦という超高額を用意したといわれ、待遇面でも不足はないようです。

カータースチュワートへのネットの評価

賛否あると思うけどこういう試みはいいと思う。どこの球団もやらなかったことを初めて行ったわけだし
MLBは新人に待遇が辛い。短期的に見れば日本の方が稼げる可能性もあるから、日本で金と経験を得てからの逆輸入でMLBに戻るケースも有りかも
クイックやフィールディングなどの細かい技術は身に着くし、米国ならマイナーからだろうから、日本の一軍で投げられば他の同学年の選手たちよりもレベルが高いところでプレーできるのは利点か
エリート意識が高い米選手が、果たして日本の2軍で細かい技術を一から学んで努力するようなハングリーさがあるかな?性格も日本向きかどうか…
日本のプロ野球を先に吸収し、その後メジャーに挑戦して成功したとすれば、日本プロ野球を見る目が変わるかも。好意的に考えてます

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-05211045-nksports-base

まとめ

長いNPBの歴史でも、米のドラフト対象アマ選手を直接獲得するのは極めて異例。社会人の田沢純一、吉川峻平投手らがNPBを経ずMLB挑戦したり、菊池雄星、大谷翔平選手ら、当初はいきなりのメジャー入りを目指そうとした高卒選手もいるなど、「日→米コース」がこれまでの常識だったからです。

今回のスチュワート投手のNPB入りには敏腕代理人の力も背景にあるようですが、今後もこうした事例が一般化するのか、あるいはまた、スチュワート投手が無事日本で成功できるのか。世界の野球界が注視するケースとなるのは間違いなさそうです。

SBの孫オーナーはいつも「MLBを越え、世界一目指せ」が持論だからね…

■関連記事

カータースチュワートの年俸は?手首異常の現在は?

上原浩治の引退試合やセレモニーはいつか?引退後は何になる?

千賀滉大のメジャーの評価と可能性について

-DAZN, MLB, プロ野球

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.