陸上競技

陸上日本選手権2019男子200m決勝は何時?サニブラウンとボルトを比較

更新日:

陸上日本選手権2019男子100m準決勝で、10秒5の大会新と絶好調のサニブラウンの200m決勝を見逃すわけにはゆきません。
何時スタートでしょう?さらにサニブラウンをあのボルトと比較して、一体どこまで記録を伸ばせるのか予想してみました。

陸上日本選手権2019男子200m決勝は何時?

陸上日本選手権2019男子200mのスケジュールは以下となっています。

6月29日(土)17:20    200m 予選
6月30日(日)17:45  200m 決勝

テレビ放送の予定は
6月29日(土) 16:00 – 18:00 総合テレビ(生中継)
6月30日(日) 16:00 – 18:00 総合テレビ(生中継)となっています。

次に注目される8名の出場選手を自己最高記録順にあげます。

選手名

年齢所属

PB 自己最高記録

18--19SB 今季自己最高記録
サニブラウン アブデルハキーム
20フロリダ大20.0820.08
飯塚 翔太28ミズノ20.1120.34
藤光 謙司33ゼンリン20.1320.61
髙瀬 慧
30富士通20.1420.75
小池 祐貴
24
住友電工
20.23
20.23
原 翔太
26
スズキ浜松AC
20.33
20.65
橋元 晃志24富士通20.3520.73
桐生 祥秀23日本生命20.3920.39

サニブラウンの歴代2位の20.08に迫る個人最高記録保持者としては、飯塚翔太(28)、藤光謙司(33)、髙瀬慧(30)が20.10台を出していますが、今シーズンの記録では0.26以上の差があり、年齢も20代後半より上で、100mの予選・準決勝の走りを見ると、サニブラウンが圧勝しそうです。

100mの走りで、ますます期待高まった!大雨でなければ大記録も!

サニブラウンを追う一番手としては、今シーズン20.23を出している小池祐貴(24)でしょうか。100m準決勝でも、2番手の記録を出し、好調です。

サニブラウンの200mの実力!ボルトと比較

サニブラウンに対しては、日本国内の勝負より、世界にどのように羽ばたいてゆくかに大きな関心があります。

あの人類史上最速のスプリンターといわれたジャマイカのウサイン・ボルト(32歳)の高みに達する可能性はどの程度あるのでしょうか?

ボルトは23歳のとき、2009年世界陸上競技選手権大会(ベルリン)で、100mで9秒58、200mで19秒19の世界記録を出しました。これは10年経った今も破られていません。

サニブラウンの200mの記録の伸びをボルトと比較してみましょう。
年齢ごとのその年でのベスト記録の推移を比較してみました。

20歳で0.1秒差にまで、迫っています。ボルトは3年後に、世界記録を出しました。サニブラウンの渡米してからの
この1年の伸びは半端ではありません。あと3年で、世界記録を狙える実力をつけることは夢ではないように見えます。

サニブラウン200mのネットの反応

サニブラウン凄すぎだろ。。。スピード曲線が美しい。200m今季最高が出るんじゃないか!?
9秒97の日本記録保持者となってからの史上最速の日本選手権での優勝目指して頑張ってください;常に高みを目指しているサニブラウン選手なら200m19秒台も狙える位置だと思います
日本選手権、小池祐貴とサニブラウンは100mよりも200mで快記録狙えそうな気がする。
サニブラウンは、スタートダッシュの横ぶれが修正されたら、100m=9秒8台、200m=20秒切れる(かも)
200mはサニブラウンと小池の争いから19秒台誕生か?

出典:Twitter

200mでは、100mに比しても、サニブラウンが絶対的な存在のようです。19秒台への期待が大きい!

日本では、ほとんど敵なしか!

まとめ

陸上日本選手権2019男子200m決勝の時間と、圧勝が予想されるサニブラウンの実力をボルトと比較してみました。

20歳のサニブラウンには大きな可能性があるように思えます。この3年間が楽しみです。

■関連記事

サニブラウンのゼッケンが太ももに直貼りではがれない理由!

サニブラウン200m日本記録なら16年ぶり!19秒台は世界に何人?

サニブラウンと桐生祥秀とボルトを比較してみた!将来性をシェア

-陸上競技

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.