陸上競技

サニブラウン200m日本記録なら16年ぶり!19秒台は世界に何人?

投稿日:

日本陸上選手権100mで大会新で優勝したサニブラウンが、日本記録そして19秒台突入を期待される200mに挑みます。
調べてみると世界には19秒台が信じられない数います。
でもそのなかでアジア人はたったこれだけ!

サニブラウン200m日本記録なら16年ぶり

サニブラウンが陸上男子200mで日本記録を達成すれば、実に16年ぶりとなります。

これまでの陸上男子200mの日本記録は、末續慎吾(ミズノ)が2003年6月7日に、23歳のときに出した20秒03です

サニブラウンが、6月7日アメリカオースティンの全米大学体育協会屋外陸上競技選手権で出した20秒08はこれに次ぐ第2位に相当するものです。

当日は、100mで、9秒97の日本新記録を打ち立てており、それに続けた200m決勝での記録です。

今回の日本陸上選手権では、100m決勝から1日置いて200m決勝となる日程のため、余裕があり、日本記録はもちろん、20秒台を切るのではとの期待が高まっています。

200m19秒台は世界に何人?

200mの世界記録は、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、2009/8/20に出した19.19が良く知られています。
では、19秒台というのは世界に何人いるのでしょうか?

まずトップテンを見てみましょう。

ランク
記録(秒)

選手名

国籍達成日

119.19
ウサイン・ボルト
ジャマイカ
2009/8/20
219.26
ヨハン・ブレーク
ジャマイカ
2011/9/16
319.32
マイケル・ジョンソン
米国1996/8/1
419.53
ウォルター・ディックス
米国
2011/9/16
519.57
ジャスティン・ガトリン
米国2015/6/28
619.58
タイソン・ゲイ
米国2009/5/30
719.63
ゼイビアー・カーター
米国2006/7/11
819.65
ウォーレス・スピアモン
米国2006/9/28
819.65
ノア・ライルズ
米国2018/7/20
919.68フランク・フレデリクスナミビア1996/8/1

マイケル・ジョンソン、ジャスティン・ガトリンなど良く知られた米国人の名前が出てきます。
しかし10位のフランク・フレデリクス(ナミビア)でも19.68です。

11位以降は次のようになります。


19.99まで、実に67名の選手がいます。結局トータルで19秒台は、77名もいることになります(IAAF資料参照)。

ええ!こんなにうじゃうじゃいたなんて!

この中には日本人はもとよりおらず、アジア人でさえ、63位にフェミ・オグノデ(カタール)が19.97で顔を出しているだけです。
オセアニア系は0となっています。

結局米国が77名中34名をついで、ジャマイカが11名を占めています。

アジア人、日本人がこの種目で、20秒の壁を切ることがいかに至難のことであるかが分かります。

サニブラウン200mに関するネットの反応

なんかかなり差をつけて優勝するような気がするね。できれば向かい風で19秒台になるといいな。
走り方もペース走に近かったね。風も-1.8で雨も降ってたし、やはり他の選手とは格が違う感はある。
-1.8であれだけ流してこれだからな。
19秒台が出るかもしれん。
小さくまとまらず大きなスケールで進化しているのがいいですね、観ててワクワク感いっぱいです!
風さえうまくいけば、日本記録更新の可能性も!
今のところ今大会は、サニの大会になってるな
一人オーラが違うね。日本人があんな最後余裕で流す姿は初めて見た。

出典:ヤフコメ
サニブラウンは別格だということ、向かい風、雨で流しても、準決勝2位の記録をゆうゆう出せるのだから、日本新記録、19秒台は可能性高いのではとの期待が大きそうです。

まとめ

サニブラウンの200m日本記録への期待と、世界の19秒台の記録をまとめました。

100mでの調子の良さを維持しつつ、200m準決勝でも悪条件の中余裕の走りのようです。

明日は、きっと多くの期待に応えて、16年ぶりの日本新記録、19秒台への突入の姿を見せてくれるものと信じています。

あの余裕じゃきっと期待できそう!

■関連記事

陸上日本選手権2019男子200m決勝は何時?サニブラウンとボルトを比較

陸上日本選手権2019男子100m決勝は何時?ネットで見る方法はある?

-陸上競技

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.