お役立ち

5Gとは?わかりやすく何が変革されるのか?知っておきたい3つのこと

更新日:

私達の生活をかえるとまでいわれている『5G』。でも、5Gとは何でしょうか?
生活が変わってしまうほどのものであれば、知っておいたほうがいいですよね。
そこで、5Gとは何か、わかりやすく解説してみたいと思います。

生活をかえるほどの存在って何だろう??

5Gとは?わかりやすく解説

5Gとは、[Fifth Generation]第5世代移動通信システムのことをいいます。
4Gに続く次世代の通信技術で、2020年の実用化に向けて様々な分野での利用が検討されています。

2020年代にはあらゆるモノがネットワークにつながる「IoT」が主流になる時代がくるといわれており、その上で必要不可欠な通信技術として、5Gへの期待が高まっています。

あらゆるモノがネットワークにつながるったら、まさに生活がかわるね

5G変革で知っておきたい3つのこと

5G変革では、大きく3つの特徴があります。

1.高速大容量
最大で20Gbpsもの通信速度を実現する「高速大容量通信」です。
現在国内で主流となっている4Gの0.1Gbps~1Gbpdと比較すると、通信速度は最低でも20倍に跳ね上がります。

そのため、インターネットの閲覧や4K、8Kなどの超高画質な動画が現在よりも快適に利用できるようになります。

2.低遅延
「ネットワーク遅延」が1000分の1秒以と非常に小さく、遠距離通信でもずれが生じにくい「低遅延」です。5Gではこの遅延の短縮が可能になるため、精密な動作が求められる分野での活用が期待されています。

3.多接続
1平方キロメートル当たり100万個以上の機器を同時に通信回線に接続できる「多接続」です。これは、4Gと比較すると100倍以上の機器を同時に接続できることになります。

IoT化が進み、接続される機器が増えると、通信負荷に耐えられなくなってしまいます。
そこで、他接続が可能である5Gを活用することで、社会のIoT化がより進展することが期待されています。

5Gに関するネットの反応

5Gは、AIによる監視システムと関連するとともに、新冷戦のヘイキであり、静かなる戦争のための沈黙のヘイキでもあるんだよ。
5Gがもたらす果実を得ようと、世界中の企業がその動きを加速し始めている。
ドイツは次世代通信規格「5G」の周波数帯の入札を開始したんだよ。
NTTドコモなど携帯大手3社の総投資額は5兆円規模とされる ここ掘れワンワン
2019年4月10日、次世代通信規格「5G」の周波数割り当てが決まるね。
次世代通信規格「5G」が私たちの生活を大きく変えることは間違いありません。
5Gを活用し、航空機整備で高精細画像を遠隔地に送信して機体の異常を発見する技術や、搭乗口でチケットをタッチせずに通過できる次世代ゲートの実現を目指すんだよ。
5G技術の良いところ、 複数端末に同時接続及び 高画質配信できるのでVRなどの活用も可能なとこ。
ソフトバンクとLGユープラスはグラフィックカードを用いて次世代通信規格「5G」ネットワーク上でゲームのストリーミングサービスを提供するみたい。
5Gは今の4Gの通信速度100倍。ビックデータを制すると世界中の情報が手に入る。軍事情報から起業や個人データまでだよ。
出典:twitter

まとめ

5Gとは何かわかりやすく解説してみました。4Gに続く次世代の通信技術が5Gですが、4Gと5Gの差は大きく、私たちの生活にもたらす影響も大きいようです。あらゆるモノがネットワークにつながる「IoT」を支える通信技術が5Gだとすると、とてつもなくすごい通信技術ですね。

時代を支える技術なんだね!

-お役立ち

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.