DAZN ラグビー 国際

ニュージーランドラグビーのバレット兄弟の見分け方!誰が一番凄い? 

投稿日:

「桜のジャージー」日本代表の破竹の3連勝で列島を熱狂させているラグビーワールドカップ2019。今週末のスコットランド戦を制し〝堂々のA組1位〟で悲願のベスト8入りを決めてほしいですね。

さてW杯でもう一つファンを熱狂させているのが、「世界最強軍団」ニュージーランド代表(オールブラックス)。こちらも毎試合実力通りの圧勝を続け、ピッチ内外での紳士ぶり、フレンドリーな〝格好良さ〟でもすっかり日本人を魅了しています。

そのオールブラックスといえば「バレット兄弟」も大きな話題です。中心メンバーのバレット兄弟とは?その凄さや見分け方は何でしょうか。

バレット家は8人きょうだいのうち3人がオールブラックス!!そんな家族になってみたい…

ニュージーランドラグビーのバレット兄弟がすごい!

W杯プールBのニュージーランド代表大会2連覇中の「ラグビー界最強チーム」で、8日までの3試合も危なげなく勝ち進んでいます。

第2戦のカナダ戦では、同時に代表に招集されているバレット兄弟3人がついに同じピッチで先発出場。何とW杯史上初めて3人ともトライを記録する「歴史的快挙」を成し遂げました。

このバレット兄弟の凄さはどこにあるのでしょうか。それぞれの横顔をご紹介しましょう。

世界最高のラガーマン、ボーデン・バレット

3人では長兄のボーデン選手(28)「世界最高の選手」と呼ばれるスーパースター。世界No1スタンドオフとしても有名です。

正確なキックとパス、超絶なスピード、ゲーム理解度は他の追随を許さず、16、17年と2年連続のワールドラグビー最優秀選手に。

12年に初キャップを得て以来、オールブラックス出場80試合、639得点、34トライ、149コンバージョンキックを挙げているチーム不動の司令塔です。

走れる大型LO、スコット・バレット

スコット選手(25)高い運動能力と走力もあわせ持つ大型ロック。U20代表でプレーするなど早くから頭角を現し、16年に代表入り。

今W杯の南ア戦、カナダ戦でも鮮やかなトライを決めるなど、オールブラックスでは34試合出場、5トライ、25得点を記録しています。

期待の若手司令塔、ジョーディー・バレット

3人では末弟のジョーディー選手(22)は将来を嘱望される司令塔候補。196cm、101kgというFW並み体格ながらスピードもあり、超大型FBやセンターとしても活躍しています。

17年、代表に選ばれオールブラックス初の3兄弟代表に。まだキャップは13試合しかありませんが、W杯3戦目のナミビア戦ではSO(司令塔)を務め、8本のコンバージョンキックを決め大勝に導き、大器の片鱗を見せました。

バレット兄弟の見分け方

ラグビーニュージーランド代表をファミリーで牽引するバレット兄弟。W杯の3試合でもそれぞれに素晴らしい働きを見せ、輝きを放っています。

これまで日本国内でも、時折3人で肩を組んだり並んで記者会見するなど、兄弟一緒のスリーショットもしばしば見られる仲の良いバレット兄弟ですが、3人の「見分け方」はあるのでしょうか。

画像や動画などから見て、あえて挙げるとすると以下のようなイメージでしょうか。

・背はジョーディーが一番高く、ボーデンが一番低い
・体重はスコットが一番重く、他の2人と比べると「四角顔」でガッチリ体型
・ボーデンとジョーディーは顔が似ているが、髪の色はボーデンの方がやや濃い目

https://twitter.com/AllBlacks/status/1179591904742313984

https://twitter.com/AllBlacks/status/1179356653734510593

バレット兄弟に関するネットの反応

ラグビーNZはバレット三兄弟が最高。鬼つよNZ。勝てるんか日本!(決勝で戦う前提w)
オールブラックスをみてボーデン・バレットに惚れたにわかですどうも!!
ジョーディー凄かった。ウイングだけじゃないのねー。格好イイ!大差でも絶対に手を抜かずトライしようとする姿勢には武士道を感じる
障害持つ妹きっかけに社会貢献活動も行うバレット兄弟とオールブラックス。そういうのが世界中の尊敬を集める
今日のラブラグビーはボーデンバレットさんでイケメンがテーマ。シリーズ化するんか?レイドローさんもやってくれい

出典:twitter

まとめ

オールブラックスはラグビー界では世界最高峰のチームであり、メンバーはニュージーランド国民憧れの的の「超スター軍団」です。

それでも日本ではどこに行っても皆飾らない気さくな雰囲気。ボーデン選手らが新橋駅前でおいしそうにラーメンをすする様子など、ある意味「ギャップ萌え」でもあります。

ナミビア戦では司令塔として「独り立ち」した弟ジョーディー選手のそばに常に寄り添い、サポートするボーデン選手の姿が。兄弟の結束は、まさに「家族のよう」なオールブラックスの強さを象徴しているようです。

バレット兄弟の父ケビンさんも元NZ代表選手。引退時の言葉「これからはオールブラックスを育てるさ」はNZでは超有名。しかも現実になってるし!!

田村優の出身高校と強さの秘密は?重圧の中クールに決める姿の裏とは

ラグビースコットランドのレイドローが似てるものといえば!経歴もシェア!

-DAZN, ラグビー, 国際

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.