プロ野球 高校野球

奥川恭伸の年俸予想! ヤクルト の歴代新人を振り返る

投稿日:

2019年ドラフト会議で、3球団競合の末にヤクルトに1位指名された星稜の奥川恭伸投手の、年俸と今後の伸びをヤクルトの歴代新人の実績から予想しました。

奥川恭伸の年俸予想!どうなる?

奥川恭伸投手の契約年俸を予想してみます。

ドラフト何位指名か、高校生か大学生、社会人か、投手か野手かで、大きな差が出ると思いますので、ヤクルトの2013年以降のドラフトの1位から3位のうち、高校生か投手のいずれかの条件に当てはまる新人をピックアップし、契約時の年棒をまとめてみました。

ドラフト
選手名出身契約金1年目(契約)
2018年1位清水昇投手国学院大学9000万1400万
2018年3位市川悠太投手明徳義塾高校5000万580万
2017年1位
村上 宗隆内野手九州学院高8000万720万
2017年2位大下 佑馬投手三菱重工広島7000万1200万
2017年3位蔵本 治孝投手岡山商科大5000万800万
2016年1位寺島 成輝投手履正社高1億1200万
2016年2位星 知弥投手明治大7500万1200万
2016年3位梅野 雄吾投手九産大九産高5000万580万
2015年1位原 樹理投手東洋大1億1500万
2015年2位廣岡 大志内野手智弁学園高5000万600万
2015年3位
高橋 奎二投手龍谷大平安高5000万600万
2014年1位竹下真吾投手ヤマハ1億円1500万
2014年2位
風張蓮投手東農大北海道7000万1200万
2013年1位杉浦稔大投手国学院大1億円1500万
2013年3位秋吉亮投手パナソニック6000万円1200万

投手で、高校生で、かつドラフト1位の条件に当てはまるのは、2016年ドラフトの寺島成輝です。
星稜高校と並ぶ強豪校履正社高出身で、境遇がかなり奥川恭伸と似ています。

高校での活躍ぶりを比較してみましょう。

寺島成輝は2016年ドラフト1位(契約金1億円、年俸1200万円)でヤクルトに入団しました。

履正社高では1年時からベンチ入りし、3年夏に甲子園に出場しています。
U-18日本代表にも選出され、第11回 BFA U-18アジア選手権大会に出場し、優勝にも貢献しています。

一方の奥川恭伸は、1年の春からベンチに入り、その後、4期連続で甲子園の出場を果たしています。
第101回全国高等学校野球選手権大会では準優勝投手となりました。

2019年のU-18日本代表に選出され、9月5日の野球ワールドカップの2次リーグ初戦のカナダ戦では、7回を投げて18奪三振を奪い、これまでのU-18 国際試合の16奪三振記録を書き換えました。

人気も人並み外れており、9月の茨城国体の高校野球硬式競技では、星稜は1回戦で、智弁和歌山に敗れたものの、開門前におよそ3500人の観客が訪れました。

これからすると、契約時、寺島成輝の年棒1200万円を上回るのは確実と思えます。

ヤクルトの高卒で初となる1500万円(規約上上限となっている)となる可能性もあります。
契約金も1億円となる可能性が高いでしょう。

これまでは、2015年の原樹理投手(東洋大)、2014年の竹下真吾投手(ヤマハ)と大学生、社会人の二人が年俸1500万を得ていました。

どこまで行くか楽しみ、村上宗隆選手を追い上げて!

ヤクルトの歴代新人の年俸を振り返る

ヤクルトの歴代新人の年俸を振り返り、奥川恭伸がどの程度活躍すれば、1年目以降どこまで年棒が飛躍するかを推測してみましょう。

注目されるのは、先の2016年1位寺島成輝投手(履正社高)と同年3位の梅野雄吾投手(九産大九産高)です。

寺島成輝は、2017年、春から怪我に悩まされたこともあり、2017年一軍1試合、2018年1試合の出場でした。2019年は3試合に登板し、防御率2.25を残しています。
年棒は契約時を下回る1100万円で推移していますが、これからと思われます。

梅野雄吾投手は2019年1100万と契約時の年棒を倍増させました。
2017年には、この年のセ・リーグの高卒新人選手で最速の一軍デビューを果たし、1軍の3試合に登板しました。
2018年は、一時調子を落としましたが、中継ぎ、セットアッパーとしての地位を確立し、29試合に登板。
2019年は安定した投球で1度も登録抹消されず、リーグ3位タイの68試合に登板し、リーグ4位の30HP、4セーブを挙げました
2020年契約更新で、年俸の大幅アップが期待されます。

契約時の年俸1500万の社会人投手であっても、実力を発揮できないと3年目末で、戦力外という例もあります。

今後順調に年俸を伸ばすためには、1年目に二軍で実績を上げ、一軍デビューし、2年目で、自分の投手としての形を確立し、3年目でチームで確たる地位を築くというのが理想でしょうか?

活躍次第で、4年目での原樹理投手(東洋大)4000万円、社会人ですが、秋吉亮投手(パナソニック)の3年目6800万円、4年目1億円超えも夢ではなくなります。

ドラ1位 奥川恭伸に関するネットの反応

イケメンだし、人柄も良さそう、
頑張ってくださいね、活躍を楽しみにしています。
奥川ほどの完成度高いピッチャーならば、一年目から神宮デビューもあり得るね。
奥川も即戦力になれるほどの活躍を期待したい。
ドラフトで浮かれましたが、ほんとにこれから心配。奥川くんを大事に育てて欲しい。
仕事終わって寝て起きたら.. 奥川君〜!!! 夢かと思った 二位以下もいい選手ばかり、ここ10年で最高のドラフトだと思う
星稜の奥川投手が ヤクルトに(^o^)/ ヤクルトがドラフトのくじ引きで勝つなんて珍しいが、高津新監督が「持っている」ということかもしれん…。

出典:ヤフコメ
ヤクルトはうまくやった!奥川恭伸投手に期待したいとの声が圧倒的でした。

まとめ

奥川恭伸の年俸予想し、ヤクルト の歴代新人を振り返って、これからどこまで飛躍するかを考えてみました。

プロ入り後、期待以上に伸びた選手がいる一方で、残念な結果に終わり、数年で、球界を去らざるを得なくなる選手もいます。

奥川恭伸投手には、是非焦ることなく、球界の宝となる投手に育ってほしいと思います。

周りが、待ちきれないかも!
■関連記事

甲子園で防御率0.00の優勝投手は歴代いるの?奥川投手達成すれば夏48年ぶり

奥川恭伸の出身中学・チームと球種は?凄さの秘密を調べてみた

奥川恭伸投手の球種を調査!身長体格とその評価をまとめてみた

-プロ野球, 高校野球

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.