プロ野球

プレミア12のアメリカ代表投手は誰?メジャーでない理由は?

更新日:

2019プレミア12は11月2日から、17日まで、熱戦が繰り広げられます。
アメリカ代表の投手を見ると、かなり若手の多い布陣です。
アメリカ代表投手は誰か、まとめました。
メジャーリーガーがいない理由もあわせてシェアします!

プレミア12のアメリカ代表投手

2019プレミア12アメリカ代表投手です(年齢順、同年齢は順不同)。

オリックスのディクソン、メッツのパウンダースといった実力の知られたベテランに、20代前半の若手を数多く招集した布陣です。

ベテランだけで試合数の多い総当たり戦を勝ち抜くのは厳しく、若手の活躍が期待される投手陣ですね。

背番号47 クレイトン・リチャード

ブルージェイズ傘下のマイナーリーガー。
メジャー通算69勝の大ベテラン。
奪三振は少なく、ゴロを打たせてとる、いわゆるグラウンドボールピッチャー。
36歳。

背番号32 ブランドン・ディクソン

オリックスバファローズ
34歳、
2013年からオリックスに所属、8勝、9勝、9勝、9勝、8勝、4勝と安定した戦力。
2019年からクローザーに回り、18セーブをあげる活躍。
伝家の宝刀「ナックルカーブ」が世界に通用するか?
日本人ファンが最も注目するところ。

背番号16 カレブ・シールバー

ブレーブス傘下のマイナーリーガー。
ツインズでメジャー経験あり。
32歳

背番号43 ブライアン・フリン

ロイヤルズ傘下のマイナーリーガー。
今季3Aで11試合(43.1回)に登板し、防御率4.78
29歳

背番号50 ブルックス・パウンダーズ

メッツ傘下のマイナーリーガー。
前回のプレミア12代表に続く選出。
29歳
ロイヤルズ、エンジェルス、ロッキーズ、メッツでプレーしたキャリアあり。

背番号27 J.P・ファイライゼン

ミルウォーキーブルワーズ傘下のマイナーリーガー。
2014年ドラフトでプロ入り。
26歳
「アメリカの代表でプレーできて光栄」
https://twitter.com/jpfeyer20/status/1182466150522744833

背番号29 パーカー・ダンシー

オークランドアスレチックス傘下のマイナーリーガー。
24歳、2017年ドラフトでプロ入り。
ストレート、スライダー、チェンジアップ主体のクレバーな投球術が売り。

背番号21 タイラー・ジョンソン

ホワイトソックス傘下のマイナーリーガー。
2017年ドラフトでプロ入り。
24歳

背番号36 ワイアット・ミルズ

マリナーズ傘下のマイナーリーガー。
2017年ドラフトでプロ入り。
24歳

背番号31 ターナー・ハック

レッドソックス傘下のマイナーリーガー。
2017年ドラフトでプロ入り。
23歳


背番号28 スペンサー・ハワード

フィリーズ傘下のマイナーリーガー。
2017年ドラフトでプロ入り。
23歳

背番号26 コナー・シーボールド

フィリーズ傘下のマイナーリーガー。
2017年ドラフトでプロ入り
23歳

背番号33 ダニエル・ティロ

ロイヤルズ傘下のマイナーリーガー。
2017年ドラフトでプロ入り。
23歳

背番号3 クレイトン・アンドリュース

ミルウォーキーブリュワーズ傘下のマイナーリーガー。
22歳、2018年ドラフトでプロ入り。

背番号37 ノア・ソング

レッドソックス傘下のマイナーリーガー。
22歳
98マイルのスピードボールにタイミングを外す大きなカーブが持ち味。

プレミア12アメリカの投手がメジャーでない理由は?

プレミア12のアメリカの投手が全てマイナーリーガーなのは、メジャーリーグベースボール(MLB)が、プレミア12にはメジャー契約の40人枠の選手を派遣しないことを決定したからです。

プレミア12を主催する世界野球ソフトボール連盟の中に、野球部門の国際野球連盟(IBAF)があるのですが、IBAFは、MLBから財政支援を受けており、MLBの意向には従わざるを得ないという背景があるようです。

すでにプレミア12に派遣が決まっていた選手が、メジャー契約されたため、急遽出場が取りやめになった選手もいたとのこと。

MLBは、オフシーズンにはきちんと休養させることがとても大事だと考えており、シーズン終わりで最も休養が必要な11月に、大事なメジャーリーガーにゲームをさせるわけにはいかない、ということのようです。

MLBが主催するワールドベースボールクラシック(WBC)が3月に行われるのは、シーズンへの影響が最も小さい時期と判断したからのようですね(更に投球回数制限も課されています)。

プレミア12に若手を多く派遣するのは、若手有望株に経験を積ませるための教育的な意味が大きいみたい。

2019プレミア12アメリカ代表投手のネットの反応

アメリカ代表としてディクソン投手、台湾代表として張奕投手が選出!うれしい!!
ディクソン投手アメリカ代表入りしたのか!!長年の日本経験に加えて、今季抑えで覚醒したからね。日本の脅威になりそう。
MLB自体が世界大会に消極的なので日本のようなガチじゃないのは否めないですね。投手はイマイチかな。僕はMLB経験者のクレイトン・リチャードが見たいですねぇ。
あー今回のプレミア12もやっぱりMLBはサボりですね笑だからWBCみたいに春にやれって言ったのに
プレミア12のアメリカ代表がかなり豪華でびっくり。

出展:twitter

まとめ

MLBは選手のコンディショニングの理由で、プレミア12のアメリカ代表としてメジャー契約40人枠の選手を派遣しないことを決定しました。
アメリカのプレミア12代表の投手は、20台前半の、これから経験を積ませたい、若手有望株が多く選出されています。
若手とはいえ、すでに頭角を表しつつある優秀な投手ですから、野球ファンにとっては見応えありますよね。

近い将来ブレイクするかもしれない投手を今のうちチェックするのも野球ファンとしては楽しいかも!!

■関連記事

プレミア12メキシコ代表2019メンバー一覧スタメン!決勝に行くための大一番!

-プロ野球

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.