ボクシング

田中恒成の兄も強い?戦績や強さを調べてみた「目標は東京五輪金で〝兄弟世界一〟!」

更新日:

ボクシングWBO世界フライ級王者・田中恒成選手が24日、名古屋市で同級1位のジョナサン・ゴンサレス選手と2度目の防衛戦を行います。

実は田中恒成選手、2歳上の兄・亮明選手もアマチュアボクサーとして活躍中です。東京五輪出場が目標というバリバリの現役ボクサー、兄・亮明選手の戦績や強さは?その経歴などを調べてみました。

亀田兄弟、井上兄弟…強いボクサー兄弟って結構多いんだね!

田中恒成の兄の戦績や強さ

3階級制覇を成し遂げながら、まだ24歳という若さの田中恒成選手。その兄も現役のアマボクサーで、東京五輪代表を目指すほどの実力者というのは、意外と知られていないかもしれません。

恒成選手の兄・亮明選手は93年、恒成選手と同じ岐阜県多治見市生まれの25歳。5歳の時から空手を習い始め、12歳からはボクシングの道へ。

中京高校(現在は中京学院大中京高校)に進み、3年生の時にはボクシング部主将を務め、国体にも出場しフライ級で優勝するなどの強さを発揮します。

高卒後は駒沢大に進み、同大では1年生から3年生まで国体で優勝を飾り、高校時代から国体4連覇という偉業を達成。15、16年とボクシング全日本選手権フライ級2連覇も成し遂げるなど、アマとして素晴らしい戦績を挙げています。

現在は母校である中京学院大中京高校で、社会科の先生として教鞭をとるかたわら、同校ボクシング部監督も務め、自身もいまだ現役ボクサーとして活躍する日々です。

↓大学時代の田中亮明選手

田中亮明は東京五輪出場?

アマボクサーとして日本を代表するほどの戦績と強さの実力者、田中亮明選手。プロの世界で世界3階級を制覇し、将来は4階級、5階級目も視野にあるという弟・田中恒成選手とともに、東京五輪で金メダルを取って「兄弟世界王者」になることを目標に掲げています。

亮明選手は前回のリオデジャネイロ五輪には出場できませんでしたが、来年の東京五輪に出場してリベンジすべくトレーニング中。

既に、東京五輪の代表選考につながる全日本選手権(11月・鹿児島)の東海ブロック予選にフライ級でエントリーしています。全日本選手権で優勝すれば、晴れて東京五輪代表の座を獲得することができます。

日本ボクシング連盟の最新ランキングでもフライ級1位に位置する亮明選手。「まずは日本で1番強いことを証明してから五輪へ」と、自国開催五輪代表へ自信を見せているようです。

田中亮明のネットの評価

禁断の兄弟対決?? 恒成が「高校の時はレベルが違いすぎて僕が相手にならなかった」と語ってるのが信じられない
相変わらずどっちもつえー。田中亮明さんがプロでやってるとこもみてみたい
亮明は井上尚弥に4戦4敗と全敗してますが、恒成から見たらその兄を圧倒する井上は上の上の存在だったと…
現在の井上と亮明のスパーが実現したら絶対ヤバイ!
兄弟の素晴らしいスパーリング動画!覗いてみてください!きっと引き込まれますよ!

出典:twitter

まとめ

防衛戦を前に、このほど報道陣とネット公開で兄弟スパーリングを行った田中亮明・恒成両選手。

2Rのスパーリングでしたが、弟が鋭い踏み込みから右ストレートで兄の顎を跳ね上げると、兄の左ストレートも弟のこめかみにヒットする場面があるなど、両者の良い部分がクローズアップされて終了しました。

恒成選手は兄について「1番練習になる相手。アドバイスももらっているので生かせると思う」と頼もしい様子。兄・亮明選手も「弟は本当に強くなっていると思う。次の防衛戦も勝てる」とスパーリングの内容に手応えを感じたようでした。

報道陣からは「お金を払ってでも見たいスパーリング」との声が。さすがの実力兄弟!

田中恒成vsゴンザレスの結果詳細【速報】と海外の反応

ジョナサンゴンザレスの戦績と強さ!田中恒成とどっちが優勢か?

井上尚弥vsドネアWBSS決勝のチケットはいつ販売開始?リンク等調べてみた

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.