ボクシング

田中恒成vsゴンザレスの結果詳細【速報】と海外の反応

更新日:

田中恒成vsゴンザレスの結果詳細を速報していきます!

田中恒成のWBO世界フライ級タイトルマッチ防衛戦となります。
井上尚弥とも比較される田中恒成ですが、三階級制覇は世界最速でなっています。

今回防衛すればスーパーフライ級にあげて4階級制覇を狙うとも言われていますが、どうなるでしょうか?

井上選手の試合と比較されるのはやりにくいよね。圧倒した試合を自分もやりたい、と思っていると思うし

田中恒成vsジョナサンゴンザレスの結果詳細と速報

田中恒成vsジョナサンゴンザレスの結果詳細は、更新していきますので途中であればF5で更新してください。

ジョナサン・ゴンザレスの情報は以下。技巧派と言われていますが副業だし、そこまでインパクトある感じではないです。
ポっと出の選手なのか、彗星のようの現れた超強い選手か?多分前者。

ジョナサンゴンザレスの戦績と強さ!田中恒成とどっちが優勢か?

それでは、田中恒成の3R以内のKO勝ちを期待して、これでインパクトを残してPFP10位入りを期待してみたいと思います!

1R

ゴング!
16時TBSは始まったと思ったらゴングですよねいつも。

ゴンザレス小さいですね。体格・パワーで田中が圧倒的有利。負ける気がしない。

お互い距離を見極めるところでありますが
いきなりゴンザレスの左クリーンヒットがあります。

見た目どれだけ効いているのかよく分かりませんが、動揺はしていません。多分そこまでではないかと。

田中はボディを中心に攻めていて時々入っているように見える。
圧力は田中ですが、スピードでは負けている。右フックなどクリーンヒットはゴンザレスに。

10-9 ゴンザレス

2R

ゴンザレスうまい。
田中が攻めあぐねていますね。

スピードに対応出来ていないところを多分見抜かれています。ハンドスピードはゴンザレス。
戦略は変えなければならないと思われる。

10-9 ゴンザレスか

3R

田中恒成が動きを変えてくる。
パワー勝負にもっていくか。ボディをストレートで打つのが当たる。
コーナーに圧でジリジリ追い詰めるが
時々ゴンザレスの右フックが当たる。

籾木のストレートも当たっている。被弾は田中の方が多い。
ゴンザレスがうまくさばいているが
田中のボディが入る。ゴンザレスあっさりとダウン。

肉を切られて骨を断つ作戦か。パワーは田中が圧倒。

10-8 田中

ゴンザレス体格が大きかったらこれキツイね。

4R

陣営は「調子に乗るな」と喝。

結局、スピード(ゴンザレス)vsパワー(田中)になっている。
田中恒成が攻勢を強めたが、終了間際にゴンサレスをコーナーに詰めたところで、左カウンターを浴びて尻餅をついてダウンを取られたが、
すぐ立ち上がり、ダメージはなし。
見た目スリップかと思いましたが、左フックでダウンを取られています。

10-9or8 ゴンザレス

5R

ゴンザレスがフットワークを使いながら連打で手数をだす。
先ほどのダウンを取ったことで勢いを感じる。

スピードがあるのでカウンターが怖い。追い詰められても逆転出来る。
手数ヒットでゴンザレスが優位。

解説が「田中がワンパターンになってきている。これはいけない」
「詰めていったあとがいけない」「中盤から雑になってきている」

10-9 ゴンザレス(あくまで素人判定)

判定にもってかれるとちょいマズイ感じかも

6R

相変わらず、田中が圧をかけてコーナーに。
ゴンザレスが速いハンドスピードでポイントとなるような被弾をさせてまわる。
打ったあとに回るゴンザレス。やりづらい田中。

ただ、ボディが時々田中のが入っているのでそれがダメージになっているか。

序盤、田中の左右のフックとゴンザレスのストレート系の連打で互角。
その後、接近戦になり、細かいヒットでゴンザレス優位。
終盤、田中の左フック。ゴンザレスがジャブからワンツー。

10-10 か10-9でゴンザレスか。

7R

ゴンザレスの距離の取り方がうまい。

ボディー攻撃を集中して、スピードが落ちる。
逃げるゴンザレス。ボディで2、3度目のダウンを奪った。それでも立ち上がるゴンザレス。
残り30秒で、接近でゴンサレスに右ボディーを3連続打ち込み、4度目のダウンを奪取。それでもゴンザレス立ったが、レフェリーストップとなった。

田中恒成が7回2分49秒TKOで2度目の防衛に成功しました。
1位ゴンサレスから4度ダウン奪い圧勝です。

判定じゃない、文句なしの勝利!
ただし本人は納得いかず後でふてくされていたんだとか。

インタビュー コメント

「苦しい展開でしたが、なんとかKOできてよかった。ただ、内容は最悪です。自分のボクシングが弱かった」と苦笑いのコメントでした。

海外の反応

海外の反応は追記しますが、まずは日本の反応を見ておきます。

ポイントでは相手が勝っていたらしいね。でもここぞで仕留めたのはさすがです。
本人も言ってましたが、相手のペースにハマりかけて捕まえるのに苦労しましたね。でも、ボクシングは勝ってナンボですから。よかったです。
田中はもうちょいガード意識したほうがいい。ディフェンス面さえ向上させればもっと安心してみていられるんだけどな。
左ボディ使いだしたら一気に形勢が決まった。
良い試合だったけど、いつかKO敗けしそうだな...
出典:ヤフコメ

KOで終わって結果はよかったが、ひやひやさせられた試合でした。

まとめ

本人がコメントしているように、7回TKOで結果は良かったが、6回まではポイントを奪われる苦しい試合でした。
これが、相手が大物でなかったので、モチベーションがもう一つということなら良いのですが。

是非次はビッグネームと海外で対戦して、真の意味で圧勝してほしいところです。

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.