国際 高校野球

U18WC野球 オーストラリア代表のメンバー一覧と注目選手!「防御率0のウエイト!」「打率0.375のマグワイア!」

更新日:

U18WC野球の日本の最終戦で対戦するオーストラリア 代表のメンバー一覧と注目選手についてまとめました。
今大会のオーストラリアは、取りこぼすのに、強豪にはめっぽう強いなど不思議なチームです。

U18WC野球オーストラリア代表のメンバー一覧

U18WC野球オーストラリア代表のメンバー一覧を見てみましょう。

背番号選手名ポジション打/投身長体重生年月日
6ARMSTRONG ByronIF右/右1838023/01/2001
9BAZZANA TravisIF左/右1837828/08/2002
35BIDOIS BrandanP右/右1877921/06/2001
14BURKE ChrisC左/右1838016/08/2001
16BURNS JakeC左/右1868717/02/2003
37CAVILL BlakeP右/右1869104/05/2002
21EVANS LiamP右/左1889011/01/2001
43HALL KierenP右/右1877610/05/2001
19LEE JackP左/左1888309/06/2001
44MACDONALD LiamIF右/右1928722/10/2001
10MAGUIRE SolomonOF左/右1867704/03/2003
32MCCALLUM LiamP左/左1868023/05/2002
3MORGAN CooperP左/左1837508/11/2001
31MYLES ConorOF左/左1939714/06/2001
5RAE JaylinOF右/右1847315/05/2001
33SHERRIFF WilliamP左/左1857702/06/2002
8SKEPTON AlexUTL右/右1858410/05/2001
4STEVENS JoIF右/右1878409/04/2001
28WAITE LachlanP右/右1919008/08/2001
22WYNYARD Kai-NoaUTL右/右1887322/06/2002
オーストラリア代表は今大会非常に不思議な存在です。
グループA最終戦で、カナダを7-6で振り切り、3勝2敗で漸くスーパーラウンド進出を決めました。

しかし、スーパーラウンドスタート時には、グループAからスーパーラウンドに、進出した韓国、カナダに勝利しているため、1敗の日本、アメリカ、韓国などを上回る2勝からスタートしました。

これも、これまでのところ、ランキング下位チームには取りこぼしが多いが、上位チームの強敵にはめっぽう強いという特異なチームカラーから来た結果となっています。

強敵にしかファイトがわかないなんて?

登録投手は9人いますが、全員がすでに登板しており、継投策で、うまく試合を作っています。

例えば、韓国戦では、先発ウエイトが、6回無失点の好投を見せ、6回から8回まで2番手・リーが無失点で続き、3番手のキーレンが、後を抑え、韓国打線を完封しました。

守備も投手をしばしば助け、見事でした。

U18オーストラリア代表の注目選手

3名の注目選手を挙げましょう。

ウエイトWAITE Lachlan

191センチ90キロと大柄の技巧派右腕です。先に述べましたように、強豪韓国戦では、6回無失点の好投を見せました。

手元で微妙に動くストレート、110キロ台のカーブ、120キロ前半のスライダー、ツーシーム、チェンジアップなど多種のボールを使って、低めに決めることができます。

打者にとっては非常に打ちにくい球となり、打ってもゴロの山を築く結果となります。ここまでの防御率0.00。

リージャックLEE Jack

リリーフで3試合登板の左腕のリーも、130キロ後半の速球とスライダーを織り交ぜ、韓国打線を6回から8回まで無失点に抑えました。

この投手も独特のフォームで打者にとっては、打ちにくさを感じさせる投手です。ここまでの防御率2.08。

マグワイアソロモンMAGUIRE Solomon

これまでの、6試合で、24打数9安打1本塁打6打点、打率0.375と好成績を残している左打者です。
打率.579のレイRAE Jaylin、打率.320の捕手バークBURKE Chrisなどをしぶとい打線を引っ張る巧打者です。

また、これまで。エラーのない守備も光ります。

U18日本vsオーストラリアに関するネットの反応

韓国戦:佐々木くん
オーストラリア戦:西くん
決勝:奥川くん
と予想
U18日本代表、ここに来てやはり打てないことが明白になって来た。
オーストラリア戦が不安。
日本は今日のカナダ戦、韓国、オーストラリアと3連勝しないとあぶない。がんばれ!
オーストラリアに佐々木か奥川が50球以上投げた場合、決勝では投げられなくなってしまう。
オーストラリアとカナダと韓国というのは強敵だなぁ

出典:ヤフコメ
投手の使い方が難しいですね。
カナダ戦で奥川投手が完璧な登板をしたものの今後も佐々木投手など、どの試合に登板させるか重要です。

まとめ

U18WC野球 オーストラリア代表のメンバー一覧と注目選手をまとめました。

スーパーラウンドに入って、初戦で、アメリカに敗れましたので、強豪には必ず勝つという神話はなくなりました。

日本はどの投手を使って、最終戦を迎えるつもりでしょうか?
いずれにしてもスーパーラウンド2位以内に入るためには、勝ち進まなければならない厳しい戦いが続き、投手の起用が鍵を握ります。

佐々木君をどこに使うのかしら?
■関連記事

U18WC野球韓国代表のメンバー一覧と注目選手!「ドラ1大砲パク・ジュホン、二刀流チャン・ジェヨン」

U18野球ワールドカップの優勝国予想!ベスト4はこの4国!?

-国際, 高校野球

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.