国際 高校野球

U18野球ワールドカップのルール・スーパーラウンドとは?

更新日:

共に、2連勝したオープニングラウンドBグループの日本、アメリカが、いよいよ9/1(日) 18:00より、直接対決します。
U18野球ワールドカップのルールから、スーパーラウンド、オープニングラウンドを見ますと、ここでアメリカに勝つかどうかが今後の日本の命運を握っています。
予選だから1敗してもという訳にはゆかないことがはっきりしました!
(2019/9/3改訂:日本はアメリカに勝ったものの、台湾に敗れました。グループBでは、この3者が進出しそうです。グループAでは、韓国が実力を発揮、1敗で1位で進出する勢いです。)
(2019/9/4改訂:日本は、パナマを破り、スーパーラウンド進出決定しました。台湾、韓国も4勝1敗で、決定です。)

U18野球ワールドカップのルール・スーパーラウンド勝ち抜くには?

U18野球ワールドカップのルール・スーパーラウンド勝ち抜くためには、オープニンググラウンド含め、何が大事なのかを見て行きましょう。

U18野球ワールドカップのルールをまず確認しておきましょう。

U18野球ワールドカップのルール

A、Bグループそれぞれ6チームで、総当たりのオープニングラウンドを行い、ここで上位3チームがスーパーラウンドへ進出します。

スーパーラウンドでは進出した3チームのオープニングラウンドでの対戦成績がそのまま持ち越されます(敗退したチームの勝敗は除かれます)。

スーパーラウンドではグループBの3チームが、それぞれグループAの上位3チームと対戦し、5試合合計の勝敗により、上位2チームが決勝に、3、4位チームが銅メダルをかけて3位決定戦へ進みます。

えっ!ってことは、1勝1敗だから米・韓・タイペイと横並びであって、1位の優位性とかないんやね!

これまでの各国チームのオープニングラウンドでの成績から、スーパーラウンドでの対戦相手と、勝ち抜くために何が必要かを考えましょう(かっこ内はランキング)。

グループB勝敗日本アメリカ台湾パナマ南アフリカスペイン
日本(1)4-1*****〇16 - 7●1-3〇5-1〇19-0〇4-2
アメリカ(2)
4-1●7-16*****〇8-1
○5-3
〇11-0〇2-0
台湾(4)
4-1〇 3 - 1●1-8
*****〇4-1
〇15-0 〇5 - 4
パナマ(13)1-4●1-5●3-5
●1-4*****〇17-2●3-12
南アフリカ(23)0-5●0-19●0-11● 0 - 15●2-17*****●8-16
スペイン(26)2-3
●2-4●0-2
●4-5〇12-3○16-8*****
Bグループはこれまでのところ、日本、アメリカが2勝と順調に勝ち進んでおり、このまま行けば、1勝1敗の台湾、スペインのいずれかとともに、3位以内に入り、スーパーラウンドに進むと思われます。

従って、日本がスーパーラウンドで勝ち抜くためには、Bチームのスーパーラウンドへ進出する2チームに勝っておくことが必要なところです。

現状を見ると、日本はオープニングラウンド残り3試合のうち上位3位に入る可能性が高いアメリカ、台湾戦での勝敗がスーパーラウンドで、勝ち抜けることができるかに大きな影響を与えることになります。

最低限1勝は必須の条件ですし、勝ち進んだ場合、決勝で当たる可能性が高いことを考えるなら、ここで、アメリカを確実に叩いておくことが必要と思われます。

スーパーラウンドで当たりそうなチーム

スーパーラウンドでは、日本はBグループでの成績を持ち越して(敗退したチームの勝敗は除かれます)、Aグループの上位3チームと当たることになります。

グループA
勝敗韓国オーストラリア
オランダカナダニカラグア中国
韓国(3)4-1******●0-1〇5-4〇8-5〇9-0〇7-2
オーストラリア(7)
3-2〇1-0
******●3-4○7-6● 2-3〇13-2
オランダ(8)
3-2●4-5〇4-3******●0-11〇 4-2○10-6
カナダ(10)3-2●5-8●6-7〇11-0******〇9-0〇17-3
ニカラグア(15)
2-3●0-9〇3-2●2-4●0-9******〇6-3
中国(20)0-5
●2-7●2-13●6-10●3-17
●3-6******
Aグループは、ランキング上位の韓国、オーストラリアが、2試合終わった段階で、それぞれ1敗を喫しており、2連勝しているカナダ、ニカラグアの4チームの混戦状態となっています。

カナダはオランダ、中国に大勝しており、ニカラグアは強豪オーストラリアとの接戦をものにしています。

日本にとっては、Aグループからの3チームが、お互いが星をつぶしあって、負け数を増せば、スーパーラウンドで、6チーム中上位2チームに入る確率が上がります。

2017年前回大会では、オープニングラウンドで、同組アメリカに●0-4、スーパーラウンドで、韓国に●4-6、カナダに●4-6で敗れて、スーパーラウンド4位となり決勝戦進出が叶いませんでした。

今回もアメリカと同じグループB、韓国、カナダと別のグループAで、スーパーラウンドで対戦しますので、状況はかなり似ています。

近年韓国には、苦戦しており、韓国が1敗したのは、前回韓国がグループAで全勝だった状況と比べると、日本にとっては、明るい状況です。

但し、ルールを考えると、予選のオープニンググラウンドだから、アメリカや台湾に1敗くらいしてもかまわないとはなりません。

もし、アメリカ、日本が勝ち上がってゆくとすれば、次の対戦は決勝でということになります。

その意味でも9/1(日)のアメリカとの対戦に必ず勝つと言う強い気持ちを持って、全力でぶつからない限り初優勝が見えてくるのはかなり難しくなります。

レベルが違いすぎるんだ!でもなんとか・・・

スーパーラウンドの日本の対戦相手と日程が決定

9/4 スーパーラウンドの日本の対戦相手と日程が決定しましたので追記しておきます。

順位国・地域名得点失点台湾アメリカ日本韓国オーストラリアカナダ
1台湾323023●1 – 8◯3 – 1◯7 – 2◯12 – 0●7 – 12
1アメリカ413523◯8 – 1●7 – 16○8-5◯2 – 1◯10 – 0
3日本232720●1 – 3◯16 – 7●4-5●1-4◯5 – 1
5韓国232025●2 – 7●5-8〇5-4●0 – 1◯8 – 5
4オーストラリア321321●0 – 12●1 – 2○4-1◯1 – 0◯7 – 6
6カナダ142437○12 – 7
●0 – 10●1 – 5●5 – 8●6 – 7

アメリカ戦を前にネットの反応を見てみましょう。

U18野球ワールドカップ最新ネットの反応

3戦目で緊張もほぐれてきてるだろうし、ミスがなければ勝負になると思う。速球よりは制球のいい投手でいったほうがいいかな。奥川君の疲れがなければベストだけど。
アメリカが強いからこそ世界大会が面白い理由のひとつでもある。
日本のライバルは韓国ではない。アメリカだ。
シングル1本で何とか得点しなければならないようなシビアな野球になるかもしれない。 ただ投手陣は力ある。継投も駆使して抑え込める可能性もあるし、死ぬ気で守りきろう。
米国チームでレギュラーになれる野手は石川選手くらい。パワーに差があるが、力だけの勝負ではないので守り抜いて欲しい。
流石のアメリカ相手じゃ一筋縄ではいかないだろ。メジャーの卵もある訳だし スペインにあの勝ち方はない。危なく負けるところだったしね

出典:ヤフコメ、Twitter
やはりアメリに勝つのは簡単なことではないようです。しかし、ここを打ち破らないと道は開けてきません。

まとめ

U18野球ワールドカップのルールから、スーパーラウンドを勝ち抜くためには、オープニングラウンドのアメリカ戦が非常に大事なことを説明しました。

体調などあるかもしれませんが、この1戦に賭けると言う意味で、日本の至宝の佐々木投手、奥川投手をアメリカ戦に是非ぶつけてほしいところです。

佐々木、奥川出し惜しみすると終わっちゃうかも!
■関連記事

U18高校野球WC歴代成績は?優勝がないのはなぜ?

侍ジャパンU18の2019年メンバー一覧!選考基準は?なぜ履正社はなし?

-国際, 高校野球

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.