バレーボール 国際

バレー男子アメリカ代表メンバー一覧(背番号あり)!エースは誰?【ワールドカップ2019】

更新日:

バレー男子日本代表が10月5日(土)に対戦するアメリカ代表メンバーの一覧とエースについてまとめました。
また6月の日本vsアメリカ戦へのネットの反応を見てみました。

バレー男子アメリカ代表メンバー一覧

まず、バレー男子アメリカ代表メンバー一覧を見てみましょう。

背番号選手名ポジション年齢身長/体重
11MICAH CHRISTENSONセッター26歳198/88
1MATTHEW ANDERSONOS32歳202/100
2AARON RUSSELLWS26歳205/98
3TAYLOR SANDERWS27歳196/80
4JEFFREY JENDRYK IIMB24歳208/89
5KYLE ENSINGOS22歳201/100
6MITCHELL STAHLMB25歳203/84
7KAWIKA SHOJIセッター21歳190/79
8TOREY DEFALCOWS22歳198/95
9MICHAEL SAETAセッター25歳196/77
10JAMES SHAWOS25歳203/98
12MAXWELL HOLTMB22歳205/90
13BENJAMIN PATCHOS25歳203/90
14MICAH CHRISTENSONセッター22歳192/88
15BRENDEN SANDERWS23歳193/78
16JOSHUA TUANIGAセッター22歳191/102
17THOMAS JAESCHKEWS26歳198/84
18GARRETT MUAGUTUTIAWS31歳205/92
19DAVID WIECZOREKWS23歳202/99
20DAVID SMITHMB34歳201/86
21DUSTIN WATTENリベロ32歳182/80
22ERIK SHOJIリベロ30歳184/83
23BRENDAN SCHMIDTMB25歳205/104
24KYLE DAGOSTINOリベロ24歳175/75
29PRICE JARMANMB26歳204/100

世界ランキングはアメリカの2位に対し日本は11位。直近(2019年6月)では、アメリカで開催されたネーションズリーグ男子大会で、日本はストレート(15-25、19-25、19-25)で敗れました。
残念ながら、全く刃が立たないと言う状態です。

バレー男子アメリカ代表のエースは誰?他注目選手も

マシューアンダーソンMatthew Anderson(背番号1)

1987年4月18日生まれの 32歳のベテランのアウトサイドヒッター/オポジットですが、身長 204 cm、スパイク最高到達点360cm、ブロック最高到達点332 cmを誇り、そのスパイクには定評があります。
アメリカチームの2015年ワールドカップ(日本)の金メダル、2016年リオオリンピックでの銅メダル獲得に寄与し、個人的にも数々の賞に輝いており、最近でも全く衰えを見せません
2017 FIVB ワールドグランチャンカップ –ベストオポジットスパイカー
2018 FIVB ネイションズリーグ–ベストオポジットスパイカー
2018 FIVB 世界選手権– ストオポジット
2019 FIVB ネイションズリーグ–ベストオポジットスパイカー、最優秀選手

その動きを見てみましょう。

全くブロックなんか問題にしていないようです。

アーロン・ラッセルAaron Russell


1993年6月4日生まれの26歳、ウイングスパイカーで、身長 205cmスパイク最高到達点356cm、ブロック最高到達点337 cmとマシューアンダーソンに匹敵します。
個人賞として、
2016年リオオリンピック - ベストアウトサイドスパイカー
2018 男子クラブ世界選手権 -最優秀選手
を受賞しています。

テイラーサンダーTaylor Sander(背番号3)


1992年3月17日生まれの 27歳のウイングスパイカーで、身長 196 cmスパイク最高到達点345cm、ブロック最高到達点320 cmです。

マシューアンダーソンと一緒に、アメリカチームの2015年ワールドカップ(日本)の金メダル、リオオリンピックでの銅メダル獲得に寄与しました。

3人も攻撃の核がいるなんて!
一人くらい日本に帰化してよ!

2019年6月のネーションズリーグ男子大会、日本ストレート負けへの反応をみました。

バレー男子アメリカ代表に関するネットの反応

アメリカチームは各セット、15点から20点までの集中力が素晴らしかったですね。
代表候補20~30人のうち、誰がコートに入っても、ほぼ同じレベルの戦い方ができるんだろうな・・・いいな。
アメリカは1人1人のレベルが違う。
アメリカは日本に対して本気で来ていた。日本もそれなりの対策をするべきだった
最下位の中国にメインと言われてる選手を出さないといけないくらい層が薄いということなんだな
アジアでも勝てないのにアメリカに勝てるわけがない。
男子も女子も大丈夫ですかフロント以下総入れ替えした方がよろしいのではこのままでは五輪メダルどころか予選も怪しい

出典:ヤフコメ

実力差あり過ぎで、日本に手厳しい意見ばかりです。
なんとか打開策を考えてほしいところです。

まとめ

アメリカ代表メンバー一覧とエースについてまとめました。

しっかりしたエースといつでも取って代われる若手選手攻撃陣の層の厚さに驚かされます。
近い将来に日本がこのレベルになるように願いたいところです。

■関連記事

ワールドカップバレー2019ネット中継スマホで観る方法と時間まとめ

バレー男子日本代表メンバー一覧(背番号あり)!エースは誰?【ワールドカップ2019】

ワールドカップバレー2019男子の放送予定 ネット中継をスマホで見る方法と見逃し厳禁の組み合わせ3選

-バレーボール, 国際

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.