ボクシング

田中恒成と井上尚弥どっちが強い?怪物2人を比較

更新日:

WBO世界フライ級王者・田中恒成選手と元WBA・IBFライトフライ級統一王者・田口良一選手のタイトルマッチが16日、いよいよ行われます。

幻とまで言われたファン待望の一戦に注目ですが、世界最速タイで3階級制覇を成し遂げた田中恒成選手はまだ23歳。同じようなボクシング界の「若き怪物」といえば現WBAバンタム級王者・井上尚弥選手を思い出します。

田中選手と井上選手が仮に対戦したらどっちが強いのか?2人の比較や田中選手の今後を展望してみました。

田中選手は全国テレビ出演が少ないことが知名度の違いかな…

田中恒成と井上尚弥どっちが強い?比較してみた

若き日本ボクシング界の〝英雄〟田中恒成選手と井上尚弥選手。両選手ともデビューから負け知らずで世界3階級王者に。まだ20代前半~半ばという年齢や戦績も似ています。

ざっとその足跡をおさらいしてみましょう。田中選手は岐阜県生まれの23歳で、右ボクサーファイター。高校4冠を経て高校生でプロデビューし、わずか12戦目で3階級制覇戦績はアマ51戦46勝(13KO・RSC)5敗、プロ12戦12勝(7KO)無敗です。

一方井上選手は神奈川県生まれの25歳で、やはり右ボクサーファイター。高校7冠を果たし19歳でプロ転向。16戦目で3階級制覇。戦績はアマ81戦75勝(48KO/RSC)6敗、プロ17戦17勝(15KO)無敗です。

階級も近く、軽量級離れした強烈なパンチとスピードなどファイトスタイルも似た二人ですが、仮に戦うと強さではどっちが上なのでしょうか。

階級が異なるボクサーを公正にランク付けすることで有名な、ボクシングメディアの世界的権威「ザ・リング」によると、井上選手は全階級の仮想ランク「パウンド・フォー・パウンド」で6位。トップ10は日本人唯一です。もちろん全団体でのバンタム級1位も井上選手。一方田中選手はフライ級2位に付けています。

ナルバエス、マクドネル、パヤノ選手ら世界的に知られる王者を一方的に打ちのめし、あっという間にKOした井上選手の「驚愕の強さ」に比べると、田中選手は試合内容やこれまでの対戦相手という点で、国際的な評価としては現在のところ、井上選手に分があるようです。

田中恒成の今後は?

16日がフライ級に上がって初防衛戦となる田中恒成選手。もし防衛に成功すれば、今後はどういう方向へ進む考えなのでしょうか。

最近のインタビューによると、4階級目の王者挑戦について「来年チャレンジしたいと思います」と明言。井岡一翔選手ら強豪がひしめくスーパーフライ級に上がり、4階級制覇を目指す意向を示しています。

「年間3試合はやりたい」と意欲的な田中選手。希望の対戦相手としては、4階級王者ニエテス、元3階級王者井岡、現WBC王者シーサケット各選手らを挙げました。

さらに、将来的には井上尚弥選手のバンタム級という5階級目進出も視野に入れ、「目指すだけなら自由なので」とパッキャオ、メイウェザークラスのボクサーへと成長する夢を語りました。

そして、ファンが「どっちが強い?」とざわつく井上尚弥選手については試合は欠かさず見るとやはり気になる様子。「いつか対戦したいですね。勝つ自信はゼロに近いですが」と控えめに〝ライバル心〟を覗かせていました。

https://twitter.com/naoyainoue_410/status/1091154480450551809

田中と井上に関するネットの反応

「田中恒成は井上尚弥につぐ」云々はまだまだやと思うどね。スーパーフライでロマゴンやChamp投げ倒してからやね
「井上尚弥戦、メリンド戦もモチベーションは高かったが、今回はそれ以上。過去最高」という田口の言葉が印象的
16日は国内試合、世紀の一戦になりそうな予感。井上尚弥を苦しめた田口良一選手と最速チャンピオン田中恒成選手のビッグカード
井上尚弥は単独インタビューより選手との対談とか見たいな 田中恒成との対談とかめっちゃ面白く、こっちの方が本音聞けそう
井上兄弟や田中恒成、拳四朗などのトップボクサー、皆純朴で真面目そう
田中の高校の時のライバルは井上拓真なんだ!
田中恒成、初防衛戦は井上尚弥の「バンテージ職人」を招聘した
井上尚弥はヘビー級王者超え!? 最強パンチャー1位に英抜擢「正当に評価されるべき」
田中は井上尚弥は難しくても、井岡とは互角で戦えそう
同じマネジメント会社所属になったので、堀口恭司選手と井上尚弥選手の夢の対談がいつか実現してほしい

出典:twitter

まとめ

田中選手によると、高校時代のライバルは同い年の井上拓真選手だったとか。井上尚弥選手の弟でやはりバンタム級王者を目指すホープの拓真選手。何か田中・井上間の因縁を感じさせます。

現在世界で活躍する日本人ボクサーは、この田中選手、井上兄弟のほか拳四朗、井岡、伊藤雅雪、京口、村田諒太、木村翔各選手らまさに目白押し。もし近々、こうした日本人実力者同士の対決が実現すれば、ボクシングブームが一層盛り上がるのは必至といえそうです。

アマがプロになって一番「気になる」のは上半身裸なことなんだってw…意外とシャイ!

■関連記事

田中恒成の戦績!怪我で流れた試合がついに実現!今は万全?

田中恒成と井上尚弥どっちが強い?怪物2人を比較

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.