プロ野球 国際

プレミア12の日本代表メンバー一覧!阪神がいない?

更新日:

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する、4年に1度の野球の国際大会「プレミア12」が11月2日に開幕します。

来年の東京五輪前哨戦でもある国別対抗のプレミア12。優勝を目指して参戦する「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は、このほど日本代表メンバーを発表しました。

オールプロで構成する日本代表メンバーですが、その中になぜか阪神の選手がいません。なぜなのでしょうか。メンバー一覧をご紹介するとともに、代表選考の理由なども探りました。

プレミア12の日本代表メンバー一覧!

世界12カ国・地域の代表チームが戦うプレミア12は、前回15年に続き今回が2回目。来年の東京五輪代表選考も兼ねています(日本は開催国枠で出場決定済み)。

12チームはA、B、Cの3組に分かれ総当たり戦を実施。各組上位2チームずつが「スーパーラウンド」へ進み、別の2組の4チームと試合を行います。それらの結果を総合して、全体の1・2位同士が決勝戦、3・4位同士が3位決定戦を行う仕組みです。

日本は前回3位に終わりましたので、今回は東京五輪も見据えてぜひ優勝を狙いたいところ。その侍ジャパン日本代表メンバーは以下の通りです。

背番号選手名ポジション打/投身長体重日・月・年
1YAMADA TetsutoIFr/r1807616/07/1992
2GENDA SosukeIFl/r1797516/02/1993
3ASAMURA HidetoIFr/r1829012/11/1990
4KIKUCHI RyosukeIFr/r1717211/03/1990
5TONOSAKI ShutaIFr/r1777820/12/1992
6SAKAMOTO HayatoIFr/r1868314/12/1988
7MATSUDA NobuhiroIFr/r1808617/05/1983
8KONDO KensukeOFl/r1738609/08/1993
10KOBAYASHI SeijiCr/r1788507/06/1989
11KISHI TakayukiPr/r1807704/12/1984
13YAMAOKA TaisukePl/r1726822/09/1995
16MATSUI YukiPl/l1747430/10/1995
18YAMAGUCHI ShunPr/r1879811/07/1987
19YAMASAKI YasuakiPr/r1798802/10/1992
21IMANAGA ShotaPl/l1778201/09/1993
22ONO YudaiPl/l1838326/09/1988
23SHUTO UkyoOFl/r1796710/02/1996
27AIZAWA TsubasaCr/r1779113/04/1988
28TAKAHASHI ReiPr/r1888402/11/1995
34YOSHIDA MasatakaOFl/r1738315/07/1993
41SENGA KodaiPl/r1868430/01/1993
43YAMAMOTO YoshinobuPr/r1788017/08/1998
44MORIHARA KoheiPl/r1858826/12/1991
47NAKAGAWA KotaPl/l1838624/02/1994
51SUZUKI SeiyaOFr/r1819618/08/1994
55AKIYAMA ShogoOFl/r1848516/04/1988
62KAI TakuyaCr/r1708505/11/1992
90TAGUCHI KazutoPl/l1718314/09/1995

※追記※上記表のうち、楽天の松井裕樹、森原康平投手、ソフトバンクの千賀滉大投手はケガのため辞退。代わりに大竹寛(巨人)、甲斐野央、嘉弥真新也(いずれもソフトバンク)の3投手が招集されました。

メンバーに阪神やあの選手がいないのはなぜ?

今回のプレミア12、グループBに属する日本はまず11月5、6、7日の3日間、台北での1次リーグでベネズエラ、プエルトリコ、台湾と戦います。

2位以内に入れば11~16日にZOZOマリン、東京ドームで行われるスーパーラウンドへ進出。さらに4位以上になれば、17日の東京ドームでの決勝または3位決定戦に臨みます。

このほど稲葉監督が発表した日本代表メンバー28人は、NPBで今季活躍した各球団の主力級ばかり。ところがよく見ると阪神とロッテからは選出ゼロです。

また他球団でも、例えば横浜DeNA・筒香、ソフトバンク・柳田、巨人・菅野各選手といった、侍ジャパン常連の「スター」も選ばれていません。

この理由について稲葉監督は会見で、これまでの采配や視察を踏まえ「スピード・パワー・経験をバランスよく構成することで強いチームができると考えた」と説明。いわゆる「オールスター」ではなく、「試合に勝てるチームづくり」を主眼に置いたことを強調しました。

またシーズン中にケガなどがあった選手(例えば柳田、菅野選手ら)は、本人や球団の意向も受けた上で除外。シーズンオフに入る時期でもあり、いわゆる国内外のFA対象や移籍意向の選手(筒香選手やロッテの鈴木、荻野選手ら)も外されたとみられます。

3月の強化試合では西武がゼロだったけど、今回は3人。色々「大人の」バランス配慮とかもあるのかな…

プレミア12メンバー日本代表に関するネットの反応

阪神は恥と考えて、今年の秋はプレミアより守備の猛練習だよ!
阪神のエラーが多い選手は選ばないだろう。投手は、岩崎ぐらい選ばれてもよかったと思う
幕張で試合するのにロッテが選出なしは痛い。荻野は腰の状態がまだ悪いのかも。まさか鈴木大地のFAが関係しているとは思いたくないが…
オフに代表戦に駆り出されないのは良いこと。お言葉に甘えて休ませてもらいましょう
若手中心かと思ったら松田がいたり、フル稼働の阪神中継ぎ陣がいないと思ったらフル稼働中川田口がいたり、ファーストが1人もいなくてセカンドだらけだったり…方向性も意図も全く見えない

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191001-00000104

まとめ

今回の「稲葉JAPAN」メンバーでは坂本(巨人)、山田哲(ヤクルト)、鈴木誠(広島)、秋山(西武)各選手らの常連組に加え、山本由、吉田正選手(オリックス)ら成長著しい若手も選出。

日本一のソフトバンク、セ優勝の巨人からは最大の5人ずつを選んだほか、1軍レギュラーではない周東選手(ソフトB)を「走塁のスペシャリスト」として敢えて初選出。監督のゲームプランがにじむ選考となったようです。

阪神では岩崎、高橋遥投手や梅野捕手らが候補だったようですが、チーム構成の兼ね合いで28人の枠には入らなかったのかもしれません。

いずれにせよバスケ、バレー、ラグビー等と続いて盛り上がってきた日本代表の〝トリ〟として、野球侍ジャパンも健闘を期待したいですね。

代表最年長の松田選手(ソフトバンク)には「ムードメーカーでここぞで頼りになるベテラン」(稲葉監督)と、精神的支柱役を期待w

■関連記事

プレミア12ネット中継をスマホで見る方法と時間まとめ

プレミア12のアメリカ代表投手は誰?メジャーでない理由は?

-プロ野球, 国際

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.