ボクシング

井上尚弥の従兄弟ボクサー井上浩樹の強さとは?ついに日本チャンピオンに

更新日:

世界王者、井上尚弥の従兄弟の井上浩樹が2019年4月6日に初めて第41代日本スーパーライト級王者を獲得。
怪物ともいわれている井上尚弥の従兄弟の井上浩樹ですが、アニメオタクとも知られ、秋葉原や中野にも出没しています。
とても変わっている選手に見えますが、実際ボクサーとしての強さはどうなのでしょうか?
世界に通用するのでしょうか?

オタクが世界チャンピオンになったら違和感。コレ偏見!??

井上尚弥の従兄弟ボクサー井上浩樹とは

1992年5月11日生まれで神奈川県座間市出身。
井上尚弥が身長は165cmなのに対し178cmと高く、第41代日本スーパーライト級王者です。
小学校3年から高校までは井上尚弥、尚弥の弟の拓真と3人で共に練習に励んでいました。
従兄弟の井上尚弥と同じ大橋ボクシングジムに所属しています。

小学3年生からボクシングを始め、相模原青陵高校時代には高校3冠を達成しています。
2015年12月29日にデビュー戦で白星を獲得。
意外な一面としては、2018年1月10日放送の「ナカイの窓」で、アニメやマンガ、ゲームを愛する芸能人たちが集まる「オタクな人SP」に出演。アニメを観るために、ボクシングをしていて、ボクシングは副業とのこと。
入場曲にも「けものフレンズ」や「ラブライブ!」の楽曲を使用しているくらいです。
世界王者獲得が見えている人が、面白すぎます。

以前の入場曲がこれ。公式動画となります。

おお、異色だ。負けた人の屈辱感が高まるような...

井上浩樹の強さとは?

普段は右利きですが、ボクサースタイルは左構えのサウスポーです。
井上尚弥のような攻撃的なボクシングスタイルというより、リーチの長さとボクシングのテクニックを重視したアウトボクシングが特徴です。

井上浩樹本人は「スピードには自信がある」と語っています。
スーパーライト級などの中量級はKOするパワーはもちろんのこと、スピードがないと世界では戦えません。
その通り、井上一族の特徴であるスピードと卓越したテクニックが最大の強みといえるでしょう。

さらに井上浩樹のトレーナーは、「距離感が良くカウンターも良い」とも言っています。
さすが、アマチュア5冠でプロ13戦13勝(10KO)、「井上家の最終ヘイキ」と言われることだけあります。

井上浩樹に関するネットの評価

当たり前のようにチャンピオンなったかもしれないが、その裏ではどんだけの汗と涙を流したのか計り知れない
拳を痛めるのは井上ファミリーの通過儀礼か。それでも勝ちをもぎ取った
的確なパンチでしっかりポイントを取り、最高の試合
井上浩樹はセンスでパンチを当てにいって本当素晴らしい
敗者の応援団から「頑張れよ!」という声に、「はい、頑張ります。」と答える爽やかさ
怪物!井上尚弥の従兄弟にして、poppinparty のキズナミュージック♪で入場する、戦うバンドリーマー

まとめ

井上浩樹は「井上家の最終ヘイキ」と言われるほどの人物でありながらも、アニオタである意外な一面もあり、
井上尚弥達からは試合には「一緒に入場したくない」(笑)と言われているそうです。

世界チャンピオンになるためにも、段階を踏んで徐々にステップアップしていくとのことです。
これからも従兄弟の井上尚弥の背中を追いかけ、どんどんKOをして世界王者になることが、とても楽しみですね。

頭の中が認知的不協和状態になるんだけど、やっぱり強さは本物なのね。アニメオタク偏見があるだけだよね私

■関連記事

八重樫東vs井岡一翔の再戦あるか?パンチドランカーを心配するファン

田中恒成と井上尚弥どっちが強い?怪物2人を比較

-ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.