オリンピック 陸上競技

中村匠吾のシューズはナイキ?値段とスポンサーを調べてみた

投稿日:

MGCで4強を抑えて、優勝し東京オリンピック代表に内定した中村匠吾(富士通)のシューズはナイキ製なのでしょうか?
値段とスポンサーがついているかを調べてみました。

中村匠吾のシューズはナイキか?値段は?

中村匠吾のシューズはナイキ製か?値段はいくらかを確認しましょう。

今朝の新聞でも、MGCを観戦していたら、次々と来るランナーの大部分が目立ったピンク色のシューズを履いていた!と驚きの声がありました。

このシューズはナイキ製の厚底モデル「ヴァイパーフライ ネクスト%」の新色ピンクプラストで、MGCでは、実に男子出場30人中、半分を超える16人が履いていました。
もちろん中村匠吾のシューズも同じです。

「ヴァイパーフライ ネクスト%」のピンクプラストの新色モデルは、MGCに合わせて、ナイキが9月15日9:00発売開始し、大々的なキャンペーンを行っていました。

ナイキのモバイル版公式ページに「厚さより速いものはない」をキャッチフレーズに、このモデルを履いたMGC出場選手が写真とともに出ています。

MGC男子で完走した27名の順位リストから、写真の選手をリストアップすると、中村匠吾、服部勇馬、大迫傑、設楽悠太をはじめ、12名が該当します。

順位選手名所属時間ナイキピンクプラスト
1中村匠吾
富士通
2:11:28
2服部勇馬
トヨタ自動車
2:11:36
3大迫傑
Nike
2:11:41
4大塚祥平
九電工
2:11:58
5橋本崚
GMOアスリーツ
2:12:07
6竹ノ内佳樹
NTT西日本
2:12:31
7鈴木健吾
富士通
2:12:44
8中本健太郎
安川電機
2:12:46
9藤本拓
トヨタ自動車
2:13:58
10岡本直己
中国電力
2:14:55
11上門大祐
大塚製薬
2:15:08
12山本浩之
コニカミノルタ
2:15:52
13河合代二
トーエネック
2:15:56
14設楽悠太
Honda
2:16:09
15堀尾謙介
トヨタ自動車
2:16:21
16山本憲二
マツダ
2:16:44
17神野大地
セルソース
2:17:40
18木滑良
MHPS
2:18:51
19谷川智浩
コニカミノルタ
2:18:56
20岩田勇治
MHPS
2:19:45
21村沢明伸日清食品グループ2:19:52
22福田穣
西鉄
2:19:55
23佐藤悠基
日清食品グループ
2:20:13
24藤川拓也
中国電力
2:20:35
25今井正人トヨタ自動車九州2:21:15
26園田隼黒崎播磨2:21:51
27井上大仁MHPS2:22:10
「ヴァイパーフライ ネクスト%」は今年4月に緑色のグアバアイスとして、新発売され、今回MGCに合わせて、新色モデルを発売したということです。

以下の新たな技術を導入して、圧底で疲れず、反発力に優れた極めて高いエネルギー効率の良いシューズに革新したものとなっています。
・反発力に優れたNikeZoomXフォーム
・軽量カーボンファイバー製プレート
・VaporWeave素材(頑丈で、軽量)

価格は29700円(税込み)です。

これまでのトップマラソンランナーのナイキの厚底シューズ(前のモデル『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%』を含む)の使用実績は、
2019年だけでも、東京、ボストン、ロンドンマラソンの男女上位3名の18名中16名がこのシューズを履いており、世界中で、マラソン選手を虜にしているようです

中村匠吾にスポンサーはついている?

アメリカに渡り、ナイキ・オレゴン・プロジェクト所属のプロランナーとなった大迫傑(Nike)は、初マラソンのボストンマラソンおよび2回目の福岡国際マラソンでBreaking2(2時間を切る)ために開発された『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%』を履きました。

ランニング効率を平均4%向上させるという厚底のシューズで、クッション性、反発がマラソンランナーにフィットするように設計されています。

大迫傑は2018年10月、日本新記録を出したシカゴマラソンでもこのシューズを履き、そのときシカゴマラソンに出場した上位選手はほとんどがこのナイキの厚底シューズを履いていたそうです。

大迫傑はナイキ所属として、このシューズの開発や改良にも意見を言ったと思われます。

では、大迫傑のように、中村匠吾にナイキなどスポンサーはついているのでしょうか?

従来は、一流ランナーにシューズメーカーのスポンサーがついて、その選手に合ったシューズを開発するなり、微調整するということが行われてきました。

でもこの厚底シューズにはその必要がないようです。
「厚さより速いものはない」サイトに、大迫傑の足のサイズは、26cmで、広い足幅左E、右3Eに対し、設楽悠太の足サイズも26cmだが、狭い足幅左A右Aと二人の足幅が極端に違うことが示されています。
それでもナイキの厚底市販モデルがそのまま使え、ナイキは足幅を選ばないとうたっています。

サイズを選べば、幅は左右違っていても良いんだ!

中村匠吾の足のサイズ27.5cmとありますが、サイトには服部勇馬(28.5cm、左C右D)にもある足幅のサイズの記載もありません。

彼は、ナイキにもそれほど注目されていなかったとも言えます。

他の11名と同様に、広告には協力したとしても、中村匠吾(富士通)が、ナイキをスポンサー契約をはっきり結んでいるという情報はありません。

プロのマラソンランナーの大迫傑は、ナイキの以外にも、マニュライフ生命、デルタ航空、明治、ソニーなど幅広くスポンサー契約を結んでいます。
ただ、大迫傑らプロとは違い、中村匠吾は富士通実業団に所属して活動いますので、スポンサーとしてどういう形があるのか考える必要があります。

Hondaの設楽悠太はシューズについてナイキとスポンサー契約を結んでいるという話もありますので、同様な形かもしれません。

「中村匠吾より速いものはない」というキャッチコピーがナイキのサイトで出たと言う話もありますので、これを機会にスポンサー契約など変化があるかもしれません。

次に、「MGCで“伏兵”中村匠吾が勝てたのか?」との記事に対する反応を見てみましょう。

中村匠吾優勝にネットの反応は?

勝った奴が強い!それだけじゃない?
今までの怪しい選考に比べたら非の打ち所がない選考レースでした。
選手に対して伏兵扱いは大変失礼でしょう。可能性が有るから出場権が与えられたのだから。その日に勝った選手が強いのであり、負けた選手が弱かっただけの事です。
ガチンコの素晴らしいレースでした。最後の2kmは本当に見応えありました。中村選手は終盤までフォームがブレず、力強い走りでしたね。
単純にタイムだけ見て大迫や設楽に拘らず、暑さに強い中村、スプリントが強い服部をもれなく見出したという面では、MGCは間違いではなかったと思う
中村選手は元々競り合いに強い。この面子、三大駅伝全てで1区区間賞を獲れているのは彼だけ。彼にとっては駅伝1区でもマラソンでもレースとしての本質が同じなのであろう。

出典:ヤフコメ
レース前、5,6番手と言われていた中村匠吾を“伏兵”と呼ぶことに、批判が出ています。
同時に、夏のオリンピック本番に強い選手を平等に競争させて選んだという意味で、今回の東京オリンピック選考に、MGCをやって良かったとの声が多数でした。

初のMGCどうなるかと思っていたが、まずまず良かった!

まとめ

中村匠吾のシューズは29700円のナイキ製で出場した多くの選手もこれを履いていたことが分かりました。
現時点では中村匠吾のシューズなど身に着けているもののスポンサーは分かりません。

すっきり代表選考できたのではという意見の多い今回のMGCを制した中村匠吾選手が、期待通り来年の夏のオリンピックで、アフリカ勢と競いあって、実力を発揮してもらいたいと思います。

■関連記事

MGC結果速報5キロごとのラップを更新!優勝は誰?

MGCのコースと観戦ポイント!通過時間も予想

MGCマラソン2019の予想まとめ!男子女子の優勝は誰?

-オリンピック, 陸上競技

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.