陸上競技

出雲駅伝2019の予想をメタランキングしてみた!箱根より面白い?

投稿日:

駅伝シーズンの幕開けを飾る出雲駅伝2019が今年も、体育の日10月14日に、開催されます。
出雲駅伝の魅力とともに、どこが優勝するかをメタランキングで予想してみました。

出雲駅伝2019の予想ポイントは?

出雲駅伝2019の予想ポイントを確認してゆきます。
「全日本大学駅伝」「箱根駅伝」と並んで、大学三大駅伝として有名な出雲駅伝にはどのような特徴や魅力があるのでしょうか?

6区間 45.1kmで行われます。
1区(8.0km) 出雲大社正面鳥居前(スタート) → 出雲市役所・JAしまね前
2区(5.8km) 出雲市役所・JAしまね前 → 斐川直江
3区(8.5km) 斐川直江 → 平田中ノ島
4区(6.2km) 平田中ノ島 → 鳶巣コミュニティセンター前
5区(6.4km) 鳶巣コミュニティセンター前 → 島根ワイナリー前
6区(10.2km) 島根ワイナリー前 → 出雲ドーム前(フィニシュ)

出場は、各地区学連が選抜する20チームと国外1チームからなります。
北海道学連選抜
東北学連選抜
東海大学
青山学院大学
東洋大学
駒澤大学
帝京大学
法政大学
國學院大學
順天堂大学
拓殖大学
中央学院大学
北信越学連選抜
皇學館大学
愛知工業大学
立命館大学
関西学院大学
京都産業大学
広島経済大学
第一工業大学
アイビーリーグ選抜米国アイビーリーグ選抜
(太字は前回3位以内のチーム)

2018年のハイライトはこちら!


出雲駅伝の特徴を見て行きましょう。

高速駅伝

他の二大会と比べて全体の距離が短く、1区間の距離もほとんど10km以下で、短距離のスピードレースとなります。

出雲駅伝は45.1kmのコースを6人でバトンをつなぎます。
したがって、1区間平均すると、7.5kmとなり、最終6区のみが10。2kmと唯一10kmを超えます。

これに対し、箱根駅伝は、往路 5区間 107.5 km、復路 5区間 109.6 kmで1区間平均21.7kmのハーフマラソンレベル、
全日本大学駅伝も 8区間 106.8kmで。1区間平均13.4kmですので、出雲駅伝が最も短いということになります。

先行逃げ切り型のコース

1,2区でトップに立ち、逃げ切るというパターが多く、最長の6区での逆転は意外にも少なくなっています。
1,2区にどの有力選手を持ってくるかがカギを握ります。

外国人留学生の人数制限がない

他の2大会と異なり、外国人留学生の出場人数に制限がありません。
2008年には、上位4チームのうち3チームがアンカーは外人という時代もありました。

今大会の外国出場選手を見てみましょう。
拓殖大学:Razini Lemeteki ラジニ レメティキ(ケニア) 10000m 27.51.91
第一工業大学: Ahnida Saleh アニーダ サレー 1(モロッコ)10000m 30.01.15
北海道選抜:Lawrence NGURE ローレンス グレ(北海道)10000m 28.27.16
KESETE HABTETSIONケザーケレン(エリトリア) 5000m 14.40.88
アイビーリーグ選抜はもちろん8名全員がアメリカ人です。

ところが、東海大、東洋大、青山学院大、その他の有力校には外国人選手はいません。
また、一番最初に外国人留学生を入れて、大きな成果を上げた山梨学院大は今大会には出場していません。

どうも時代は変わったようです。

出雲駅伝2019の予想をメタランキングした結果

ネット上で、駅伝マニアの個人の予測を6件見つけました。
その1位、2位、3位について、それぞれ、3,2,1のポイントを与え総計したメタランキングの結果が以下となります。

サイト略称

東海大青山学院大東洋大駒沢大國學院大中央学院大
J
123
S311
T
123
B132
C
312
Y123
1位(3点)4111
2位(2点)212
3位(1点)
2121
総合ポイント1484731

東海大 14点
青山学院大 8点
駒沢大 7点
東洋大 4点
國學院大 3点
中央学院大 1点

ダントツで、東海大続いて、青山学院大駒沢大となりました、
東海大は昨年の箱根で優勝し、出雲でも2位と安定しているうえに、直前の10000m平均ベストタイムでもトップという点から評価されたのだと思われます。

山梨学院は去り、青山学院の時代も終わったの?

出雲駅伝2019のネットの予想

1万メートルの持ちタイムで見ると、箱根優勝の東海大学が優位!
主力選手が全員揃う条件で國學院大學と9月の日体大記録会で好記録を連発した駒澤大学
選手層が厚く、鉾根駅伝で5連覇逃し雪辱に燃える青山学院大学!
帝京と法政は出雲駅伝エントリーメンバー10選手全員が今シーズン5000mと10000mの少なくともいずれかのPBを更新しているらしいですよ。
来週台風直撃って出雲駅伝なくなるのかな?数年前もあったよね 天気のせいで中止になるの悲しい

出典:ヤフコメなど
さまざまな意見があるようですが、今皆が一番恐れているのが、大型台風19号の直撃です。
出雲駅伝では実際5年前、台風のため、全面中止というのがありました。

まとめ

出雲駅伝2019の予想をメタランキングしてみて、優勝校を予想しました。
また出雲駅伝の特徴から箱根より面白い点も見てまいりました。

台風に遭遇せず、無事大会が行われるのが一番です。
そのうえで、今シーズンの駅伝の幕開けとなるこの大会で、海外チームを含めた熱戦に期待したいと思います。

台風直撃だけは勘弁してね!
■関連記事

中村匠吾のシューズはナイキ?値段とスポンサーを調べてみた

世界陸上400リレーの日程・何時開始?メンバーの平均タイムのアメリカとの差は?

世界陸上2019マラソンはオリンピック選考とは無関係?出場選手一覧とスタート時間

-陸上競技

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.