国際 時事ニュース

韓国への輸出規制の海外の反応と影響は?

更新日:

韓国人元徴用工らへの損害賠償問題への対抗措置とみられる日本政府の韓国への半導体関連の輸出規制強化に対し、海外の反応は?またその影響はどうなのか?
詳しく見て行きましょう。

韓国への輸出規制強化

日本政府は1日、韓国への輸出規制を厳しくするため、半導体材料の審査を厳密にし、安全保障上の友好国の指定も取り消すと発表しました。

・7月4日からフッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)の3品目で個別の審査や許可を必要とする。
・8月をメドに、韓国を安全保障上の友好国である「ホワイト国」の指定からはずす。

エッチングガス(フッ化水素):ステラケミファ、森田化学工業、昭和電工(日本が9割程度のシェア)
韓国企業日本製の材料の割合は、43.9%(今年1-5月に輸入)

レジスト(感光材)JSR、東京応化工業、信越化学、富士フイルム(日本が9割程度のシェア)

フッ化ポリイミドJSR
韓国企業日本製の材料の割合は、93.7%(今年1-5月に輸入)さらに、品質が優れており、サムスンの新製品「ギャラクシー・フォールド」に搭載される「折りたたみできる画面」を作るのに必要不可欠だと言われています。

一方、韓国企業は半導体で高いシェアを持っており、半導体売上高はサムスンが世界で首位、SKが3位。データを保存するメモリー半導体に強く、DRAMは韓国勢が世界シェアの7割、NAND型フラッシュメモリーは5割を握っています。

韓国への輸出規制による海外の反応

<韓国の反応>
日本の輸出審査に約3カ月かかるため、材料の在庫量が通常、1~2カ月分だとすると、3カ月が過ぎれば、韓国の工場の稼働は停止する恐れがある。
一方で、
「日本の新たな措置は、短期的には韓国のチップおよびディスプレイメーカーの生産プロセスに影響を与える可能性があるが、中長期的には利益をもたらす可能性がある」
「メモリチップとディスプレイの企業は現在供給過剰に苦しんでいるので、地元の製造業者は備蓄を一掃し、後に日本の企業よりも交渉力を活かすことができるでしょう」
との韓国専門家の見方もあります。

米国の華為制裁に続き、日本は4月から半導体・ディスプレイ製造の3つの主要材料について、韓国への輸出制限を開始する。
サムスンLG SKスーパー緊急事態。ムン・ジェインのせいで 全員死んだ
半導体在庫は6ヶ月間積み上がっています。
韓国の半導体産業、この機会に脱日本、材料供給ラインの多様化に!
「世界の大手半導体企業の多くは韓国企業なので、輸出が規制されれば日本企業は苦しむだろう。日本企業は、これがあまりにも長期的になることを望んでいない」
年間数千万台の日本車を輸入
韓国だ!
日本製品をボイコットしよう!
日本は絶対に許せない!
半導体装置市場は韓国企業が支配しており、日本の輸出規制が長ければ長いほど、日本企業がわが社に輸出する産業構造にダメージを与える

出典:Twitter
政府の対応を非難するコメントは少なく、この機会に脱日本すれば良いとの強気の意見が多そうです。

なかなか強気ですな!

<中国の反応>

自身業界チェーンの輪を振り回して、他のリンクを脅かすという、アメリカがパンドラの箱を開けたんだ・・・。
アメリカが悪い例を作ったんだ!
元々、双方は関連する問題についてある種の合意に達しました、しかし、韓国人は背を向けて、新しいものを押しつけようと思った。これは韓国にとって良いことだ!
「中進国」と実際の先進国にはまだギャップがある
中国はこの(日韓の)関係を見てハッピーです[ハハ] [ハハ] [ハハ]
出典:微博(中国版ツイッター)

米中貿易摩擦を反映し、今回の日本のやり方は、トランプを真似たんだと見ているようです。
日韓の争いに高見の見物を決め込んでいる向きもあります。

韓国への輸出規制による影響は?

韓国企業は、「材料部品分野の日本依存度が高く、適切な対策がない」と心臓部を狙われたとの見方があります。

(株価への影響)
日本政府の輸出規制が発表された7月1日の株価を前週末の株価と比較して見て行きましょう。
<韓国>
7月1日韓国株式市場全体として、米中首脳会談の対中制裁関税見送りを受けて、小幅高だったのが、輸出規制強化の影響を受けるサムスン電子やLG電子、液晶のLGディスプレーの株価が安く引けた。
一方、半導体のSKハイニックスは高かった。

<日本>
7月1日フォトレジストでトップシェアのJSRは一時前営業日比61円(4.71%)安の1621円まで下落しました。
韓国への輸出も多く、収益悪化を懸念するためとである。

その他3品目の上位生産販売会社である東京応化、ステラ ケミファ(、信越化学で見ますと、前営業日比と1日の終値の比較で東京応化:102%、ステラ ケミファ(:98%、信越化学:104%とまちまちとなっています。

日本の関連企業も、韓国への輸出が多く占めることから、悪影響を受けると思われます。

(為替への影響)
1ウォン0.094円(6/30)が0.093円(7/1)1%程度の円高となっていますが、直ちに一方に大きく動くことにはなっていません。
しかし、韓国は半導体産業の輸出拡大が経済成長を支えてきました。
半導体の輸出額は2018年に輸出総額の約21%に当たる1267億ドルを占めており、過度に依存していると指摘されていました。

それだけに、日本による輸出規制が直撃すれば韓国経済への影響は甚大で、株価や為替への影響は計り知れません。

まとめ

韓国への輸出規制の海外の反応と影響について見てきました。

国民からすると、これまでの韓国の仕打ちにやっと反撃してすっきりしたと言いたいところですが、産業チェーンを考えると、韓国だけが打撃を受けるという訳には、行かず、日本の関連企業、引いては、世界の半導体関連、経済に悪影響を与える可能性があります。

ここに至るまでに、韓国政府は何か手を打てなかったのかと思いますが、これが負の連鎖を引き起こせば、日韓関係はますます泥沼に入ってしまいます。

韓国政府には、頭を冷やして、現実を冷静に見て、少しはポジティブな反応を見せてもらいたいものだと思います。

何とかならないのかしら!

■関連記事

ホワイト国除外でデメリットは?韓国への影響から考える

戦略物資とは?フッ化水素横流し疑惑の韓国は今後どうなるか?

ホワイト国除外で韓国の影響は?日本の株価にも関係あるか?

韓国輸出規制の効果と今後の予想まとめ

-国際, 時事ニュース

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.