お役立ち 勉強効率

運動は頭の回転を速くする!その理由とメリットとは!

更新日:

運動は脳にいい刺激をもたらすといいますよね。
実は、運動はを頭の回転速くするということが分かってきたみたいです。
その理由とメリット調べてみました。

運動で頭の回転を速くできるのなら、テスト前は運動するのがいい?いや普段からやらんとね

運動は頭の回転を速くする

運動は頭の回転を速くするとはどういうことなのでしょうか?
ハーバード大学の疫学研究者ジェニファー・ウーヴによれば、70歳から81歳の女性18,766人の認知能力を分析した結果、週に12時間ウオーキングか4時間のランニングをしていた人は、記憶や知能テストで能力が衰える確立が20%低かったとのことです。
この結果から、週に1時間30分のウォーキングでも脳の機能を保てるといいます。

神経科学者のアーサー・クレーマーの調査によれば、60歳から79歳の人たちに、ランニングマシンで、週に3回、1時間の運動を6カ月間継続させた後、MRI検査すると、前頭葉と側頭葉の皮質容量が増えたということです。
皮質の容量が増えるということは、脳の中で新しい血管ができたり、新しい神経細胞が生まれたということです。

その結果、新しいネットワークもたくさんできていて、脳は活性化するということになり、頭の回転も早くなっているということになります。

これはご老人の結果ではありますが、もちろん子供にも同じことが言えます。

運動すると、脳が活性化され、頭の回転が早くなるんだね
引きこもりの私、超反省!

頭の回転が速いことのメリットとは?

知恵や知識が豊富になる
物事を理解したり、判断する材料が多かったりするので引き出しの多さにつながるので、
頭の回転が速いと吸収する量の多さにつながります。

向上心が高くなる
考えることが習慣化していることが多く、疑問を持ち脳を働かせて脳に力をためるので、
脳が成長していきます。そうすることで、新しいことに対する挑戦することができます。

コミュニケーション能力が高くなる
頭の回転が速い人は会話の理解力にも優れ、相手の言いたいことや望みをすぐに理解することができるので、それに対する反応も早く、コミュニケーション能力が高くなります。

勉強したい脳につながっていくんだね

運動と頭の良さに関するネットの反応

活動的な人と非活動的な人との間の脳機能の能力には明らかに相関関係があり、実証されています。 即ち運動すれば頭も良くなる!
定期的に運動しましょう。持久力が上がることで、体力がつき、頭が回り続ける耐久力もつきます
有酸素運動によって脳内に流れる血液量が増えるため、脳にしっかり酸素が回り、暗記しやすくなります。
10分の軽い運動でも、脳の「実行機能」が大幅に上がり運動するとBDNFが出て頭良くなるんだよ
運動がいかに脳を鍛え、頭の働きを取り戻し、気持ちを上げるか。 脳を鍛えるには運動しかない!
筋トレをすると頭が良くなる。なぜか、脳みそが危機感を覚えるからだ。筋肉が傷つく事で脳は命に関わる危機だと勘違いして、頭の回転を早くしてくれるんだよ。
体を動かすことが思考力の向上につながることが数多くの研究で証明されています
有酸素運動は脳の神経の新生を促し頭を良くすることが分かってきたみたい。エレベーターは使わず地下鉄の長い階段を歩き続けていることも効果があるのかな?
スイッチが入らないのは脳が目覚めいないため。脳を目覚めさせるしは軽い運動をするのがよい。脳の活性化により、 頭が冴え集中できるほか 英単語なども頭に入りやすくなる
脳には汎化という特徴があり、何か1つ得意なことがあると、それだけで脳全体の機能をアップさせる、つまり、「運動できる子は頭がよい」というのはこの特徴からです。

出典:https://goo.gl/ceC51W

まとめ

運動すると頭の回転が速くなるということについて調べてみました。運動することにより、脳が活性化し、脳の衰えを抑制することができ、脳を成長させ回転が速くなるということのようです。コミュニケーション能力も高くなるなど良い循環をもたらすことになるようですね。短い時間でもいいので、運動して、頭の回転が速くなればテストなどに強くなりますね。

運動の脳のメカニズムがもっと詳しく分かれば頭がよくなる近道も分かるかもしれないね

■ 関連記事

子供の勉強に親がイライラしてしまう理由と効果的な教え方とは?

-お役立ち, 勉強効率

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.