時事ニュース

パタハラとは?事例をカネカショックで解説!

投稿日:

今、パタハラじゃないのかカネカショックが広がっていますが、事態は、急展開!
パタハラ利用ではないのか?というような感じが出てきてしまったとか。
そもそも、パタハラって何でしょう?

また新たなハラスメンントが出てきたのかな??

パタハラとは?事例ありで解説

パタハラとはパタニティハラスメントの略です。
パタニティとは、英語で父性を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことです。

男性社員が育休業をとったり、育児支援目的の短時間勤務やフレックス勤務活用したりすることへの妨害、ハラスメント行為などを指します。

具体的な事例としては、子育てのために制度利用を申請したら、上司より「育児休暇なんてとれば、君のキャリアに傷がつくよ」と言われとりずらくなってしまうようなことがあります。


とっちゃだめだよ!なんていうくらいならないほうがいいね

カネカショックのパタハラ疑惑とは?

カネカショックのパタハラ疑惑とはどのようなものでしょうか?
会社から育休を勧められ取得した男性が、育休から復帰してわずか2日目に地方転勤を命じられたと男性の妻が今月1日にツイートしました。↓↓


男性としては、小さな子がいる、新築の家に引っ越した直後だから、転勤を1~2ヵ月延ばしてもらいたいと申請しましたが、認められず退職を選択することのなりました。

転勤をのばして欲しいという主張は有効なのかな?

退職の時期についても、「立ち上げたプロジェクトの区切りが見える6月中旬くらいまで責任を全うし頑張りたい」と申し出たそうですが、会社の判断で5月末で退職が決められ、ボーナスはもらえなかったそうです。また、男性には有給休暇も残っていたが使うことも認められなかったとこれが、男性側の主張でした。

有給の消化を認めないというのは問題だね
しかし、カネカについては下記のようなツイートもありました。

男性の妻は、労働局にも相談しましたが転勤命令は違法ではないと回答をもらっているようです。転勤命令に対し、プロジェクトを全うしたいというのも少し、疑問が残りますね。

そして、男性は起業の準備を今年はする予定だったみたいなのです。(これも妻のツイートにありました・・・)これが、騒動を広げてしまったのです。

当然、カネカもこれに対して反応しました。ハラスメントではなく適正な措置であったと声明文を発表しています。

ネットの反応まとめ

カネカのパタハラ騒動、すごい。 株価めっちゃ下がってる。 これでいいと思うし、もっと盛り上がれとすら思う。 社員が安心して育休を取れないような会社は、潰れていい。
労基署は無理です。対応外。 労働弁護士か、経験ある労働組合でなければ無理。 配転拒否の争議、マタハラ・パタハラの立証は、専門的知見が必要。
SNSの力と反響の大きさに驚き、何よりこんなに拡がったのにクソリプの少なさと温かい応援がありがたく! 論点いくつか。
男性育休「義務化」 議連で、カネカのパタハラ疑惑から「『くるみん』マーク剥奪も検討」との意見も。 子育てサポート企業の証として厚労省が認定する「くるみんマーク」。
転勤有りの会社に勤めてる以上そのリスクは覚悟してなきゃだめでしょ。そんな思い通りに行かなくね?子育て世帯に配慮って言うけど、どこまで?と言う気はする
出典:https://bit.ly/2Z4bRQC

まとめ

会社員には、転勤を断る自由があるのか?これは、立場の違いで様々な議論があるかと思いますが、全ての社員の主張を認めるわけにもいかないという側面もあります。そのために、育児休暇・介護休暇が制度としてあるということもあるかと思います。ただ、男性の妻の気持ちも分らないわけではありません。ただ、むやみにツイートして株価が下がるほどの騒動になってしまったということでもあります。これ以上こじれないといいですね。

会社にも、労働者にもいい分があるから、話しあいで解決できたらよかったね
■ 関連記事

高齢ドライバーとは何歳から?事故件数比較と対策について

中高年引きこもりの人数と原因・対策についてまとめてみた

サッカー 日本代表の登録選手背番号付き一覧2019/6!有名選手3人を紹介!

-時事ニュース

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.