プロ野球

山本由伸のやり投げのような投球フォームはなぜ?ネットの評価は?

更新日:

2019シーズンの開幕を迎えたプロ野球。14年を最後にポストシーズン進出がなく、今季こそはと浮上を期すオリックスに、期待の豪腕若手投手が台頭してきました。山本由伸投手です。

開幕ローテーションの一角として登板した先日の対ソフトバンク戦では、あわやノーヒットノーランの圧巻投球。球界の評価もうなぎ登りです。

動画でみると山本由伸投手はやり投げのような独特な投球フォームなぜこのスタイルになったのでしょうか。山本投手の凄さや球種などとともにまとめました。

オリックスのドラ2新人・頓宮選手とは同郷で幼なじみなんだって!

山本由伸のやり投げのような投球フォームはなぜ?

山本由伸投手は岡山県生まれの弱冠20歳の右腕。都城高校(宮崎)では当初三塁手でしたが、本格的に投手に転向。いきなり151km/hの球速を計測するなど才能を発揮します。

甲子園出場はできませんでしたが、16年ドラフト4巡目でオリックス入り。1年目の8月に早くも1軍デビューを果たし、150km/h超を出すなど好投します。球団23年ぶりに高卒新人として初勝利も挙げました。

2年目の18年はセットアッパーとして起用。54試合登板で4勝2敗1セーブ32ホールド、防御率2.89という見事な成績を残します。NPBで10代投手が30ホールドを挙げたのは初めて。この年山本由伸投手はオールスターにも選ばれました。

球界を代表するスターへの成長が期待される逸材・山本由伸投手投球フォームを見ると陸上の「やり投げ」のように腕を伸ばしたまま球を投げる特徴的スタイルです。

なぜこの投球フォームになったのか。本人によると、2年目のオフに投球フォーム改造に取り組み、投球時にグラブを持った左腕を真っすぐ伸ばし、その状態のまま体重移動を行うこの「やり投げ」スタイルに行き着いたそうです。

山本投手は1年目の自分に満足できず「自主トレの間色々考えてこの形に。今までの自分を上回るための変化であり進化です」とフォームを研究したといいます。結果は上々で、球速も150km台半ばまで伸び、強い球と鋭い変化球を安定して投げられるようになったようです。

山本由伸の球種は?

「やり投げ式投球フォーム」の豪腕ホープ、山本由伸投手。今季は志願して先発に復帰し、いきなりホーム開幕2戦目で先発登板しました。

その試合はまさに圧巻の一言。12球団屈指の強力ソフトバンク打線を9回1安打無失点と完璧に抑え込みました。

初回から150km超の剛速球をしっかりコーナーに制球。テンポもよく、並み居る強打者のバットの芯を今季から本格的に取り入れたシュート系の速球で外し、遅いカーブやフォークなどの多彩な変化球もちりばめ、最後まで的を絞らせませんでした。

山本投手は下半身の使い方にも定評があり、コントロールが安定。球種も多彩で、スライダー・フォーク・カーブ・チェンジアップ・ツーシーム・カットボールのほか、前述のように今季からはベース上から離れていくシュート系の球も会得しています。

山本由伸のネットの反応

ド迫力の内角攻めに打者タジタジ。オリ山本由伸がたどり着いた投球術
山本由伸の三振集みたけどエグすぎな。ストレートもカットもシュートも全てえぐい
大谷翔平も認めた男、オリックス山本由伸
この前の山本由先発試合の鬼の無援護ぶり、他人事とは思えず…
降板した山本がベンチ裏で検索してそうなワード「味方 打たない イジメ」「プロ バント できない」「FA 何年」「西 オリックスを出る喜び」

出典:twitter

まとめ

山本由投手の才能には多くの専門家が着目。侍ジャパンの稲葉監督もその一人で、早速3月の対メキシコ強化試合で山本投手を初招集したところ、2回を無失点に抑える好投で応えていました。

ソフトバンク戦ではあとわずかでノーヒットノーランに届かず、勝敗も付きませんでしたが、球速は最後まで衰えずスタミナも十分。今後、オリックス投手陣の柱になるのはもちろん、日本球界を代表する投手への成長が期待されます。

〝Mrパーフェクト〟槙原氏も「平成最後の完全試合ができるとすれば菅野、千賀か山本由伸」と絶賛!あり得るかも…

■関連記事

アンソニークロラの戦績と強さまとめ!ロマチェンコの衰えをはかる試合か?

菊池雄星の世界の反応・コメントまとめ

-プロ野球

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.