DAZN ボクシング

スティーブロールズの戦績と強さは?ゴロフキンが復帰戦に選んだのはsoft touchだから!!

投稿日:

日本時間6月9日(日)に、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで、元統一世界ミドル級王者ゲンナディ・ゴロフキン(37歳カザフスタン)とスティーブロールズ(35歳カナダ)の一戦が行われます。
スティーブロールズの戦績と強さ、ゴロフキンが復帰戦の相手に選んだ理由について見て行きます。

スティーブロールズの戦績と強さ

スティーブロールズの戦績と強さからゴロフキンが復帰戦に選んだ理由を考えて見ましょう。

なお、この試合はDAZNで、独占ライブ配信される予定です。

View this post on Instagram

#gggrolls

A post shared by Steve Rolls (@_steverolls) on

19戦無敗(10KO)とはいえ、ほとんど無名のスティーブロールズを、ゴロフキンがサウル・アルバレス選手に敗れて以来の復帰戦に選んだ理由はどこにあるのでしょう?

スティーブロールズの戦績を表にしました。

順番結果勝敗対戦相手判定ラウンドタイム日付備考
20N/AN/AKazakhstan Gennady GolovkinN/A– (12)8 Jun 2019
19Win19–0United States KeAndrae LeatherwoodUD1015 Dec 2018Won vacant USBA middleweight title
18Win18–0Argentina Damian Ezequiel BonelliUD818 Apr 2018
17Win17–0Mexico Andrik SaraleguiTKO3 (8), 2:1728 Oct 2017
16Win16–0United States Demond NicholsonSD89 Jun 2017
15Win15–0Hungary Attila KorosTKO3 (8), 2:5516 Dec 2016
14Win14–0United States Emmanuel SanchezRTD5 (8), 3:003 Jun 2016
13Win13–0United Kingdom Steed WoodallTKO4 (8), 2:2611 Dec 2015Won vacant NABF super welterweight title
12Win12–0United States Tyi EdmondsUD819 Sep 2015
11Win11–0Hungary Jozsef KormanyTKO3 (6), 0:3520 Mar 2015
10Win10–0Hungary Norbert SzekeresUD631 May 2014
9Win9–0Mexico Jaudiel ZepedaUD68 Mar 2014
8Win8–0Canada Emmanuel GuzmanKO5 (6), 1:4126 Oct 2013
7Win7–0Hungary Gyorgy MarosiUD624 Aug 2013
6Win6–0Hungary Ferenc ZoldKO4 (6), 0:2421 Jun 2013
5Win5–0United States Tim ValdezTKO3 (4), 2:0226 Apr 2013
4Win4–0United States Simon RuvalcabaTKO4 (4), 1:0722 Mar 2013
3Win3–0Canada Ahmad SelemaniUD48 Feb 2013
2Win2–0Canada Matt HeimTKO1 (4), 1:412 Jun 2012
1Win1–0Canada Paul BzdelUD48 Apr 2011

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Steve_Rolls

2018年12月にはUSBAミドル級王座を手にしていますが、今年35歳になるまでの8年間確かに、ゴロフキンに匹敵するレベルの選手との対戦はありません。

ゴロフキンが復帰戦にスティーブロールズを選んだ理由とは

1.DAZNと契約後、初めての試合となる。
ゴロフキンは2019年3月に、3年間のグローバル・パートナーシップ契約およびDAZNアンバサダー就任を発表し、この一戦がゴロフキンにとってDAZNと契約後、初めての試合となる。

それだけ大事にゆきたい、リスクはできるだけ避けたと考えたと思われます。

2.サウル・アルバレス(カネロ)に敗れて以来の試合となるゴロフキン選手の復帰戦であり、サウル・アルバレスとの3回目の対戦を組むためのスタートとなる試合である。

ESPN(2019/5/1)の記事では、統一ミドル級チャンピオンであるサウル・アルバレスとの3回目の対戦を組む前に、これがソフトタッチになると予想されていたと書かれています。

記事にあるソフトタッチsoft touchの意味は辞書では次のようになっています。
・簡単に負ける人
・だまされやすい人;(すぐ信用して)金を出す人,カモ
・簡単にできる[ぼろもうけの]仕事

いずれも、スティーブロールズにとっては、かなり侮辱的ですね。

ちょっとひどすぎ!

しかし、スティーブロールズはゴロフキンと対戦する理由を素直に語っています(前記参照)。
「ゴロフキンを倒せば、私の人生を一変させるお金になるでしょう。スーパーロトに賭けるようなもんです。」
「(この試合が決まったとき)信じられませんでした。これは人生を変えるものだと感じた」「その瞬間、エイプリルフールだと思った(冗談で)。」「ボクシングをするのは大好きです、でも私は生計を立てなければなりません。いつになったら、輝けるのか?私の名前を世の中に出すには?」

とても素直な人なんだ!

結果がどうあれ、この試合は、さまざまな意味で、2001年にロールズがオンタリオ州チャタムの中学校で11年生になったときに始まった夢の到達点となるでしょう。

スティーブロールズの強さと勝てる確率は?

1. ゴロフキンにとってほとんど未知の相手である
「私はあきらめない男だ。私は戦うために来ている」「私を見落としている世界のファイターにとって危険な状況です。」
2. スティーブロールズにとって失うものは何もない
ボクシング人生の夢の頂点となる試合で、生計を立てるために勝つのが必須と背水の陣を敷いており、ハングリー精神はゴロフキンを圧倒しています。

これに対し、ゴロフキンは早い回にKOで勝って当然、引き分けやまして負ければ、今後の契約等を考えれば失うものがあまりに大きい。引退もあり得ます。
3.スティーブロールズはテクニックと自信を持っている
優れた基本的なテクニックを持っています「強打する必要がある場合は強打することができます。」
「自分が世界で最も優れたミドル級の一人であると感じています。
ただ、これまで、輝ける時間がなかっただけだ」と本人は自信を持っています。

スティーブロールズについてのコメントはほとんどありません。
ゴロフキンがどういう戦いをするかに注目です。

ゴロフキンvsスティーブロールズ戦へのネットの反応

ゴロフキンにはカネロとの三戦目の為に今年はバッタバッタとなぎ倒してほしい。
久しぶりにゴロフキンの豪快なKOが見たい。
何度も言いますが、個人的に一番強くて且つ美しい肉体してるのはゴロフキン兄貴
ゴロフキンは安定性はバツグンですね; 打ち合いするから メイウェザーよりは面白いでしょ
ゴロフキンがだんだんスターぽくなってきたな 仕上がってきてる
ゴロフキンはどうでしょう 洗練されたボクサーだけど、プロとしては華がないみたいに言われてしまうが

出典:ヤフコメ

ゴロフキンの人気は相変わらずですね。

まとめ

スティーブロールズの戦績と強さをまとめ、ゴロフキンが彼を復帰戦に選んだ理由を推定しました。

順当であれば、ゴロフキンの圧勝ですが、失うもののないスティーブロールズには、ハングリー精神から来る凄味があります。

さてどう転ぶでしょう?ボクシングではしばしば意外な結末となることがあります。

■関連記事

スティーブロールズの戦績!ゴロフキンに見合う強さなの?「カナダ4位のミドル級選手」「Gはこんな相手と戦ってる場合じゃない」

京口紘人の戦績と強さ!P4P日本人3位の将来性は?

-DAZN, ボクシング

Copyright© スポッピ! , 2019 All Rights Reserved.